長男・次男・次女とかの呼び方


長男とか次女とか
初めてこの言葉を聞いた時、最初はこういうことかと思ってた。

1男(長男)
2男(次男)
3女(三女)
4女(四女)
5男(五男)
※以後”筆者提案の呼び方”

1~5まで、頭の数字がそのまま順番になってる呼び方と言えばわかりやすいだろうか。

しかしこれは嘘の覚え方で、実際は以下みたいな呼び方になる

1男(長男)
2男(次男)
3女(長女)
4女(次女)
5男(三男)
※以後”正式の呼び方”

正式の呼び方の場合、性別ごとにナンバリングが分けられている

でも、ぶっちゃけこの呼び方ってややこしくしてるだけなんじゃないかなぁと思ってる。

例えば、今のシステムだと
「うちの子5人兄弟なんだけど、長女がね…」

「長女って一番上だっけ?」

「いや、3番目」

と、聞いただけではその子が何番目の子か分からないという弊害が出てしまう。

でも、
筆者提案の呼び方だと
「うちの子5人兄弟なんだけど、長女がね…」

(1番目の女の子のハナシだ)

と少なからず会話の手間が省けるし、分かりやすくなる。

でもだいたい世間話の場合「4番目のチビがー…」
とかそんな感じになるから問題ないとは思うが….

たぶん、正式な呼び方について何らかの目的、メリットがあるはずなんだけど、僕の乏しい想像力では思いつかないので知っている人がいたら教えてほしい。

その他日本にはびこる無駄なこと

この件だけじゃなく、「日本のはんこ文化」
とか、無駄だと分かり切ってるのに残ってる習わしは普通に多い。

でもはんこの場合は、何人もの文系っぽい人が既に問題提起してる

日本の印鑑制度、何だかおかしくないですか? – その他(暮らし・生活・行事) 解決済 | 教えて!goo

社会人7年目だけど、未だにFAXとか無駄な印鑑の意味が理解できない

【これって必要?】 会社の無駄な風習-01 残業・会議・印鑑 ホントに必要かしら?

日本の無駄なハンコ文化については、上の記事や質問みたいに大勢が疑問に思ってる。

でも、長男次男の呼び方についてはまだ誰も何も問題提起して無い(と思う)
だからなおさら、よっぽどのメリット、もしくは意味があるんじゃないかと思ってる。

説明されたら一発で「あーそっか。そんな理由があることを見落としてたなんてほんと馬鹿だったな」と目が覚めるような何かが。

英語圏はどういう呼び方だろうか

長男・次男は英語でなんと呼ぶか調べてみた

長男 Eldest son
次男 second son
三男 The third son

長女 Eldest daughter
次女 Second daughter
三女 Third daughter

1,2,3とナンバリングが付いてる感じは日本の呼び方と同じ。
(ちなみにEldestは「長老」とかそういう意味らしい)

しかしながら順番が大事だ。

二人の兄を持った女の子の呼び方が、
「長女 Eldest daughter」
となるのか
「三女 Third daughter」
となるのかで話は大きく変わってくる

しかし、それに関する情報は特になかった…

特にないということはやっぱり日本と同じなんだろうか。

最後の最後でちょっと手がかりを見つけた

英語圏では子供のことを「長男、長女、次男、次女…」にあたる言い方をしますか?

の中でこう書かれている。

英語圏ではほとんど使いません。何番目かと聞かれたときぐらい。
順番は大事ではないようですね。
日本は長子が家督を継ぐという伝統が長く続いたので(封建制度)、その名残が未だに戸籍に残っています。
しかし、今や、財産は兄弟で同等に分配するので、長子とか、2番目とか、関係ないのですが、しかし実家や土地、田畑を長子が継ぐケースもまだまだ多いですね。養子をとり、苗字を継ぐこともまだまだ多い。
英語圏には、そういう意識は薄いですね。やはり歴史的背景の違いですね。

なるほど~
家督を継ぐとかそういう時は
一番上の男の子が誰か”という情報が何より大事になってくるってわけですな。

家督の話をする時はとにかく「長男が誰か?」が最重要。
だから性別ごとにナンバリングしておくと、法律関係の事務処理が少なからず捗るわけだ(たぶん)。

1しずか(女)
2ごろう(男)
3しんご(男)
4たくや(男)
5まさひろ(男)
6つよし(男)

の6人兄弟がいた場合、

筆者提案の呼び方の場合
「長男は誰だ?」→「いません」→「じゃあ一番上の男は誰だ?」→「ごろうです」
と少し無駄な会話が生まれてしまう。

に対して、正式な呼び方の場合は「長男は誰だ?」の質問ひとつで必要な答えが返ってくる。

でもこれも性差別に繋がってくるし、さっきの引用文を見ると、長男が家督を引き継ぐという文化もそこまで残ってないっぽい。

ということは、
「日本の悪い習わしは消えつつあるけど、その名残としてまだ変なナンバリングが残ってる」
というまとめ方でいいのだろうか?

と思ったけれど、日常会話で長男とか使わなさ過ぎて誰も気にも留めなかった説の方が有効だろうか。

そう考えると、改めて自分の暇人っぷりが見て取れる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です