やる気を出した子一等賞

webのこと、映画のこと、ゲームのこと、音楽のことなんかを綴ってます。

【1人暮らし4年目突入】活用すれば捗るモノ・サービス等を紹介【初めての方へ】

【1人暮らし4年目突入】活用すれば捗るモノ・サービス等を紹介【初めての方へ】

この記事はたぶん 22 分で読めます。
だいたいの人におすすめの記事

【公開日:2017年12月24日 10:10:06】 【更新日:

Pocket

久しぶりに記事っぽい記事を書きます。

最近一人暮らしの楽しさが更に加速しはじめたので、
「これがあって良かった」
「これのおかげで充実してる」
「これを利用すれば捗る」
というのを再確認してまとめてみました。

これから一人暮らしを始めるという方の参考になれば。

また、当記事はどちらかと言うと、「より生活を豊かにすること」にフォーカスしているため、「冷蔵庫」とか「洗濯機」の紹介はしていません。
そういう最低限のライフラインに近い物を揃えたい方は、ニュースサイトやまとめサイトの記事が参考になるでしょう。

※当記事は
「1人暮らし 捗る」
「1人暮らし 家電」
「1人暮らし 家具」
「1人暮らし クリーニング」
「1人暮らし 活用」
「1人暮らし 家電」
「1人暮らし 家具」
などのワードで検索される方におすすめです。

目次

1人暮らしで活用したら捗る ~モノ編~

シャワーヘッド

雑貨屋でつい衝動買いしたんですが、買って良かったと思えるものの一つです。
最初は既設のシャワーヘッドで問題無かったので、「シャワーヘッドを買い替える」なんて考えもしませんでしたが、「極細シャワー」系のシャワーヘッドに買い替えてからかなり心地良くシャワーを浴びられるようになりました。

噴出口を極細のものにすることで水圧が上がり、結果的に節水に繋がるようですが、そこの効果は正直どうでもいいです。
ただ、「自分1人だけのシャワーだから好き買ってカスタマイズしていいんだし、とりあえず買ってみる」という感じでいいと思います。

個人的には安くて満足度の高い買い物でした。

バスマット(風呂の中に敷くやつ)

これは最近買いました。
シャワーの後に髭を剃ったりしてますが、その時に足が冷たいのが嫌で、それを防いでくれます。
ないより合った方が断然良いですね。

畳なのがまた心地良くて良いです。
でもシャワー後などは立てかけておく癖をつけておいた方が良いですね。
そうしないと水はけが悪くなり衛生面でよろしくないです。

ティファールの湯沸かし器

別にティファールじゃなくてもいいかもですが、数十秒でお湯が沸いてくれるので、コーヒーでも、カップ麺でもすぐに食べれます。
安物のやつもありますが、やっぱティファールが良いですね。

4年以上使っててまだ現役です。

良い電球

3年目くらいで初めて既設の電球が切れました。
「電球なんてどれ買えばいいか分からない」という状況でしたが、「滅多に買い替えないものだし、ちょっとランクの良いものを買ってみよう」と思って、販売されてた中から中堅クラスの価格帯のものを試しに買ってみました。

1,000円くらいでしたかね。

すると今まで使っていたものより明るく、それでいて光も柔らかくて心地良くて驚きました。
電球は意外とこだわってみる価値ありです。

たいていの電球は60wだと思いますが、40wや80wなどもありますので、間違えずに買いましょう。

両刃髭剃り

男性限定です。

今ではもはや髭剃りが趣味みたいになってます。

一般的なジレットとかのT字髭剃りは、本体は安く、カートリッジが激高い価格設定で消費者を飼いならしてます。

しかし、昔ながらの両刃髭剃りなら、本体はそこそこ高くても、替え刃が1枚10円単位と鬼安いです。

でも一番のメリットはそこじゃありません。

結局、どの髭剃りよりも深剃りできるんです。
今は多枚刃髭剃りが主流ですが、それはカートリッジを高くするための策略です。

結局、戦争映画でしか見ないような古い両刃髭剃りが完璧です。
難しいけど。

カーペット

3年目くらいに買いましたね。
一枚引くだけで下の階への音の影響が少なくなります。(たぶん)

少なくとも、キャスター付きのイスを移動させる時とか、室内に響く音が減りました。
もちろん足音なども軽減されているのは間違いないので、おすすめです。

自立式ハンモック

夢のハンモック生活が簡単に実現できます。
「自立式」のハンモックなら不要な時は畳めるので便利です。

夏場は特に良いですね。
僕は休日とかにたまに広げてゆったり休憩します。

ガチ寝は無理ですが、
ちょっと横になったり、ボケーっとする時にかなり捗りますよ。

いろんなメーカーの自立式ハンモックがありますが、やっぱり一番人気の「ゆらふわモック」がおすすめです。

コロコロ

一番活躍してる掃除用具です。

僕はコロコロの粘着シートを剥がす作業が大の苦手ですが、「斜めカット」のものを使えば簡単に取り換えられます。
ちょっと割高ですが、もう普通のコロコロには戻れません。

また、コロコロはたいてい企画が同じなので、今使っている本体と違うメーカーの粘着シートでもだいたいハマります。

セブンのスリッパ

スリッパは必要不可欠だと思いますが、個人的にセブンイレブンで販売されてるスリッパが最強でした。

ファーみたいなふかふか素材で、かと言って夏場も涼しい。
そしてちゃんと大きい。

僕靴のサイズがだいたい27.5で、しまむらとかではあんまりそのサイズのスリッパが無いので、セブンで買うしかありません。

毎日履くものなので1年程度しか持ちませんが、その度にセブンで買い直してます。
一足1000円程度ですね。

↓楽天にも似たようなもの(の更に良さそうなの)がありました

マットレス一体型ベッド

1人暮らしの場合、これ以外にベッドの選択肢は無いのでは?ってくらい狭い部屋にフィットします。
「狭い部屋に」というより、良い感じに主張しないので、部屋に溶け込んでくれるんです。

しんぷる・いず・べすと
ですな。

しかもマットレス一体型ベッドは安い。
僕はセミダブルサイズを、15000円くらいで手に入れました。

ちなみにマットレス一体型なので、もしヘタったら廃棄して買い直すしかないようです。
それでも安いからいいし、定期的に新しいベッドに本体ごと変わるというのもなんか気分が良いです。

マットレス一体型はいろんなショップが出品してますが、「モダンデコ」というショップのがたぶん一番良いです。(リンク先がそれ)

「部屋まで持ち込むためには別途作業量が必要」
みたいに書かれてましたが、僕はそれを利用しなかったにもかかわらず配達員が部屋まで運んでくれました。
これについては約束はできませんが、サービスは中々良かったですね。

それに、マットレスに合うカバーなど、サイズがピッタリな関連商品も豊富なので、それらもまとめるならやっぱりそういうマットレス一体型ベッドに特化したショップで注文する方が後々便利です。

折りたたみ式のテーブル

テーブルの使い方は自分次第ですが、絶対に折りたためるタイプがいいと思ってます。
ここで言うテーブルというのは、
コーヒーテーブルとか、サイドテーブルとかいう小さいタイプのものです。

ウチにあるのは、2人くらいまでならご飯を食べれるくらいのサイズです。
使わない時は折りたたんで隙間に立てかけておけば部屋が広くなります。

こういうのも部屋にひとつあればいいですね↓

こんな感じの一人用のイスとデスクがあって、それを使って自宅で推理する探偵、みたいな生活に一時期憧れてました。

ゲーム機

1人暮らし。
部屋の中に娯楽があるかないかで生活の豊かさが大きく変わります。

これは甘えでもなんでもありません。
娯楽は必要です。

ここでゲーム機さえ買っておけば、トータル的な出費は安く済むかもしれませんしね。

「寂しい!飲みいこう!」
とか、
「寂しい!誰かごはん行こう!」
という方向性に動くとなんやかんやで出費がかさみます。

あえてインドアを決め込むと安く済みますし、楽しく充実した時間を過ごせます。

1人暮らしの場合たいてい目標があると思うので、その場合は勉強なりをすればいいでしょうが、どうしても気分が乗らない時というのはありますし、病む時も必ずあります。

ゲーム機じゃないにしても、一人でできる娯楽はあった方が生活が豊かになります。

扇風機

実は僕、冬でも扇風機使ってます。
暖房だけだと足元が冷たいんですが、扇風機を壁や天井に向けて回しておくと、空気が循環して足元まで暖かくなります。

一般的に空気を循環させる目的であれば「サーキュレーター」というものを使うらしく、もしサーキュレーターの代わりに扇風機を使おうもんなら効率が激落ちするそうですが、少なくとも僕の場合は扇風機で効果を実感できているので、わざわざサーキュレーターを買わなくてもいいかなと思ってます。

また、サーキュレーターは扇風機よりも高いです。
更に言えば、サーキュレーターは1方向に強い風を吹き付ける仕組みのため、扇風機の代わりとして使うには中々苦しいものがあります。

扇風機はもちろん夏でも使えるし、問題が無い限り扇風機で良いと思うんですけどね。僕は。

バイク(スクーター)

最近買ったので偉そうなことは言えませんが、電車やバスの路線に一切影響を受けず、超低価格で誰にも縛られずにどこへでも行けるバイクは生活を豊かにしてくれます。

深夜にふと思い立っていくツーリング
休みの日に計画を立てていく遠出
ちょっとおいしいものを食べに

そういうことをするための足として最強ですね。

↓一切ガソリンを使わない「電動バイク(原付)」というのもあるみたいですね。

これ欲しい。

ウォークマン(音楽プレーヤー)

スマホで聴くよりも音質が良いのは当然(機種による)ですが、音楽再生専用機器を持っているだけで聴く姿勢が変わります。
ある意味僕は能動的に音楽を聴くタイプなので必需品ですが、

「今日はちょっとスマホ置いて、ウォークマンだけ持って散歩に行こう」ということをしてみるのもおすすめです。

最近は、より一層味わいを感じるためにCDプレーヤーを買おうかとも思ってます。(後述)

ダウンロード販売の音楽

でもCDプレーヤーはさすがに買わないでしょう。
というのも、最近はCDを購入するのを辞めて、ダウンロード購入するようになったからです。

1人暮らしするに当たり、モノを置くスペースが少なくなると思います。

それにより、僕のコレクション気質も変化しました。
というより”無理やり変化させ”ました。

1人暮らしの場合、あえて実態のないものを活用するというのは手です。

確かに、今まで集めに集めたCDやDVDを手放すのは苦痛を伴いましたが、おかげで「一軍」だけを残すことにも成功したので、これは良い性格改善だったと思います。

断捨離かなんかのインタビューで誰かが、「自分の所持品を見てときめかないものは捨てる」と言っていましたが、正にその通りです。

「これもう長い事使ってないけどどうしようかな」というようなテンションになるのであれば、それは捨ててしまうか売ってしまうとスッキリしますし、狭い部屋が広くなります。

ダウンロード購入なら、ほぼ無限に曲を蓄えられますし。

もはや音楽のストリーミングサービスを使ってみる

AmazonでもItunesでもありますよね。
月額制で何十万曲も聞けるというサービス。
ダウンロード購入じゃなくてももはやそれでもいい気はします。

とは言えやはりアーティストの収入が減るというデメリットがあるので、応援したい方はCDなりの物質を買った方が良いでしょう。

正直僕も音楽はプレーヤーとしても活動しているので、あまり使いたくはありませんが・・・。

靴の棚(シューズラック)

必要不可欠です。
既設の靴箱が無いならそれなりに良いのを買うべきです。
僕が今使ってるのはちょっと不満があります。
ちょっとグラついているので、もっとしっかりした作りで場所を取らない奴を買いたいですね。

物干し竿

引っ越したら速攻で買いましょう。
サイズがサイズなだけに通販での購入が必須でしょう。

目覚まし時計

1人暮らしを始めてから、レトロでシャレオツなアナログ時計からデジタルの電波時計に買い替えました。
もう自分を起こしてくれる人はいません。(もともといませんが)

時間には少しストイックに。
寝ぼけていてもぱっと見で確実に、今の時間、日付、曜日が分かるタイプの目覚まし時計がおすすめです。
大音量ならなお良し。

そこそこ大きいレンジ

電子レンジもケチらない方が良いですね。
1人暮らしなら、自炊する人でもほぼ必ずコンビニ弁当を食べる機会があります。

そして巷には、コンビニ弁当が入らないサイズのレンジというものも多いです。
あまりに価格を重視し過ぎてサイズを疎かにし過ぎたら、生活のクオリティーが落ちます。

コンビニ弁当を入れて、ちゃんとターンテーブル(と呼ぶのか不明だが)がゆとりを持って回転するサイズのものを選びましょう。

ちなみに僕のレンジは、セブンの幕の内弁当とかだとつっかえてターンテーブルが回りません。

支払物を入れる壁掛け小物入れ

水道料金、電気代などの公的手数料は、僕は支払い用紙を使ってコンビニで支払ってます。
その方が「生きてる感」があって好きという理由です。

我ながら珍しくアナログな一面だと思います。

しかしこの支払い用紙、意外と支払い忘れたりします。

そんなときは、100円ショップとかで売ってる壁にかけるタイプのポケットが便利でした。

郵便ポストから支払い用紙を取り出し、金額を確認し、壁にかかってるポケットに入れる。

僕の場合、「大事な書類関係」はそこに入れるように決め込んでるので、視界に入るたびにそれを意識します。

もちろん棚に収納してもいいと思いますが、壁掛けポケットに収納するのには以下のメリットがあります。

・棚と違って目線と同じ位置に来るため視界に入りやすい。
・紙なので軽い。そのため耐荷重が少ない壁掛け系の収納グッズとの相性が良い
・面積的な意味で場所を取らない

キャンドル

これは僕の趣味です。
真っ暗な夜。
自分しかいない部屋でキャンドルを点け、宇宙を感じます。

とまでは言いませんが、少なくとも僕にはかなりの癒し効果があるようです。

キャンドルに火を付け、音楽を聴いたり聞かなかったりして、紙とペンで考えをまとめる。
内省は僕の趣味ですね。

電気式の網焼きコンロ

これめっちゃ捗ります。
僕は焼肉が好きなんですが、フライパンで焼く肉は嫌いです。
油分が多すぎる。

かと言って炭火焼きは敷居が高いし、一人焼肉もまだ行けてません。

しかしこのコンロがあれば一人でも心置きなく焼肉が出来る。
しかもちゃんとバーベキュー特有の焦げやジューシーさを味わえます。
5000円未満で来るのも嬉しいですね。

クボタン

クボタンとは、いざという時に対象に激痛を与える護身用の武器です。
重傷は負わせられません。

護身用にひとつ持っておきましょう。
万が一誰かに襲われた時にクボタンを持っていたら、相手に激痛を与えることができます。
そうじゃなくても、災害時にガラスを割ったりできます。

「いざという時の武器を持っている」ということで精神的に強くなれたりもします。

そのおかげで冷静な判断ができるのであれば、それだけで持つメリットがあると言えますよね。

男女関係なくおすすめです。

電気で温まる敷毛布

暖房付けっぱなしで寝るというのは、健康的にも、経済的にもタブーです。
しかし寒い時は寒い。
どうしても熱源が欲しい。
そんなときはこれです。

寝る20分くらい前からスイッチを入れておけばだいたい潜り込む頃には温かくなっています。
福岡でも冬は十分に寒く、これが無いと眠れないですね。

ハクキンカイロ

使い捨てじゃない昔ながらのカイロです。
ベンジンオイルを使って、強力な熱源を発生させます。

使い方は使い捨てカイロと同じ、コスパ的には優れたり優れなかったりのようです。

しかしハクキンカイロの良さは、なんと言ってもその温かさ。
「ここに熱源がある」という安心感が生まれます。

特に冬場のバイクとの相性が良いですね。

電源式のタコ足

当たり前のようにたこ足配線することになると思います。
そしてたこ足配線器具は年中無休で休まず使い続けることになるでしょう。

なのでホームセンターとかでちゃんとした奴を買った方が良いですね。
個人的には電源スイッチが付いているタイプが良いです。

滅多に使わないんですけど、待機電力カットというのはちょっとだけ魅力的で、いつか使う気がします。

予備の充電器

スマホにしてもなんにしても、予備の充電器はあった方が良いです。
「バッテリー」ではなく充電コード等のことですね。

スマホ命の方なら当然のようにスペアを持っているかもしれませんが、多少無頓着の方は使えなくなってから気付くので、一応スペアを購入しておきましょう。

マジックブレッドデラックス

ショップジャパンの商品です。
小さいミキサーで、かなり手軽に使えます。

ミキサーってどうしても出したり治したりするのが面倒なんですけど、マジブレは小さいうえ、手入れも楽。
簡単に健康的なジュースや料理が作れます。

テレビショッピングで「放送終了後30分以内なら〇〇円割引!」とかやってますが、公式サイトで買えば大抵その値段と同じか、それ以下で手に入るので、ネット環境がある人はネットで買うことをおすすめします。

1人暮らしで活用したら捗る ~サービス編~

物だけじゃなく、サービス等もうまく活用すれば1人暮らしライフは大いに豊かになります。
特に1人暮らし開始当初はどうしても「節制」を意識しがちで豊かさを見失うので、ある程度慣れてきたらサービス系のものに頼ってみるのも良いでしょう。

ちなみにここでは、実店舗を構える店舗型サービスから、ネット上で完結できるwebサービスもまとめています。

クリーニング

僕は私服通勤で、就活等以外ではほぼスーツは来ません。
衣替えも自分で洗濯していたので、今までずーっとクリーニングというものとは疎遠でした。

しかし、「シャツを自分でアイロンかけるのめんどいな」と思って試しにクリーニングに出したら、そりゃもうぱりっぱりになって帰ってきました。

定期的にカジュアルシャツをまとめてクリーニングに出してます。
シャツはワイシャツに限らず、普段用のデニムシャツなども全てまとめてお世話になってます。

アイロンかける手間や洗濯の手間、そして出来上がりのクオリティーを考えると、一着200円前後というのはかなりの投資対効果です。

何より気分が良くなりますね。

※それと、ハンガーが手に入るというのが地味に嬉しい。

格安sim

なんやかんや難癖付けて3大キャリアを使い続けてる人もいると思いますが、毎月1万円近い出費が4000円以下になるなら乗り換える価値があるでしょう。

確かに乗り換えは面倒で精神的に痛みを伴う感じがしますが、その価値は大いにあります。
1人暮らしをする場合はたいてい都会だと思うので、「3大キャリアより電波が弱くなる」というデメリットもほぼ受けません。

た・だ・し、多少高いですが、スマホはIphoneが良いです。



Iphone

僕はAndroidからIphoneに乗り換えたクチで、今なおIphoneSEを使ってます。
サクサク度では未だにIphoneが一番早いです。

後、これは好き好きですが、IphoneSEというのは今は珍しい4インチの小ぶりスマホで、片手でも操作しやすい反面、ゲーム等は少しやり辛いですね。

更に、追い打ちをかけるようにChromeでのスマホエミュレーターから除外されました。
つまり、「今後webデザイナーは、4インチディスプレイ向けにwebサイトを整えてくれなくなるかもしれない」ということです。

しかし4インチディスプレイへの需要はかなりあるようで、IphoneSE2というものも発売されます。

1人暮らしなら、デジタルコンテンツを楽しむための別のタブレットやら、ちょっと良いノーパソを持っててもいいと思います。

そのため、スマホはとりあえ小さめのやつでも良いんじゃないかなと思います。
また、最新式のIphoneじゃなければある程度は安く手に入ります。
ある程度は・・・。

ネットフリックスやHULUなどの映画配信サービス

毎月1000円程度で映画やドラマが見放題。
しかもレンタルと違って返しに行く手間も無いし、いつでも中断していつでもどこでも見れる。

映画を保管するスペースも何もいりません。

DVDよりも高画質で見れるので、へたなレンタルDVDよりも断然おすすめです。
会員ランクによってはブルーレイと同等の画質です。



アマゾンプライム

アマゾンプライム会員になると、まずアマゾンプライム動画が見れるようになります。
そのおかげで「ドキュメンタル」という究極のコンテンツが見れるようになりますが、それはおまけのようなものです。

アマゾンプライム会員になれば、年に4000円程度の会費が発生するものの、
・画像を無限に保存できる「アマゾンドライブ」というクラウドサービス
・プライム会員限定の日付指定/速達
・そしてアマゾン動画
という恩恵を受けられます。

僕は一眼レフで撮影するのが趣味なので、クラウドサービスがまず便利です。

というよりそもそもAmazonでの買い物自体一人暮らしとの相性が良い気がします。

アマゾンパンケットというサービスもありますし、日用品はほぼ全てアマゾンで買ってますね。

ジム

体を鍛えることは重要です。
僕はキックボクシングジムに通ってます。
後述しますが、メンタルを鍛えるためです。

1人暮らしで活用したら捗る ~便利な情報~

NHKに関すること

NHK受信料金を支払いたくない場合、基本的には支払う必要が無いのでそのまま あしらい続ければ大丈夫と聞きました。
家はオートロックなので基本的に居留守で乗り越えられますが、一度だけ八合わせたことがあります。

「支払う必要が無い」と聞いていたのでこちらも断固として拒否を続けましたが、奴らは結構どぎついです。
かなり怖い感じで迫ってきました。

対戦後に自分の中で動機が激しくなるのを感じ、「大人になって言い争うってこんな感じなんだな」って身を持って実感しました。

格闘技を習い始めたのはこれがきっかけですが、とりあえずNHKの撃退方法を書いておきます。

NHKが来たら「ちょっと良く分かんないんで立花さんに聞いてみますね」
と言えば良いようです。

立花氏とは「NHKから国民を守る党」の代表です。

なんだかんだNHKからするとかなりの影響力があるようで、その名前を出すだけで退散するよう命じられているとのこと。
演技力に自信があれば、その場で電話を取り出し通話するフリをしながら「ちょっと立花さんに聞いてみます」って言うのもいいと思いますし、「ちょっと僕にはよく分からないので、いったん立花さんに聞いてみます。また来週来てください。(来週来て、は言わなくてもいい)」みたいな感じで一旦追い返すのもありなようですね。

僕は「最近そういう詐欺が多いって聞いてるので、ちょっと親に聞いてみますね」
で逃げ切りました。

この年で親を使う!

1人暮らしで活用したら捗る ~生活の中での工夫など~

物を溜めない

断捨離とまでは言いませんが、そこそこ狭い部屋に住んでいるなら、それを良いことに「要らないモノをしっかり捨てていくタイプの生き方」を味わってみるのも手です。

性格にもよるかと思いますが、1人暮らしとミニマリスト的な生活の相性は抜群だと思います。

目標を貼る

「目標を明確化して紙に書く」
とかって、意外と恥ずかしいんですよね。

でも一人暮らしなら誰にも見られないから思う存分自分の言葉で書けます。
もし来客が来るようなら、貼る場所をコルクボードとかにして、一時的に裏返せば良いですね。

余談ですが、「来客が来る」は重複語でしょうか?

休みに散歩する

「出会い」とか
「買い物」とか
「ご飯を食べる」とか

何か目的が無い限り歩きたがらない人もいますが、「散歩」という目的のために歩くのは全然ありです。

その道中でごはん屋さんに入ったりするのもまた乙ですね。

また、気軽で思い立ったらすぐにできるのも散歩の良いところです。

・・・というのを女の子に熱弁したことがありますが、
「でも化粧とかあるからそんな気軽には出られないんだ。」と言われて、なんとも言えない空気を作り出してしまったことがあり、この辺りで自分の未熟さを痛感しました。

※ヒント:嘘が付けない

コンビニコーヒー

「一人暮らしなら節約しろ!コーヒーなんか自分で入れて飲め!一杯に100円もかけるな!」
そんな刷り込みが脳の片隅に残ってそうですが、コンビニコーヒーのうまさはマジで半端ないです。

僕はセブンカフェがどこで飲むコーヒーよりも一番、群を抜いて好きです。
もちろんコーヒーというのは、カフェの雰囲気や、誰と何を語りながら飲むかという趣向みたいなものも含めたサービスなので「味」だけで決めるものではありませんが、もし味だけで決めるならセブンのコーヒーが一番おいしいですね。

そんなおいしいコーヒーが100円で飲める。

最高じゃあありませんか。

色に関するものは確かに節約を意識すべきですが、「幸福度」と天秤にかけた時に、幸福度が上回るならそれは出費として相応しいと思います。

ブログを書く

せっかくなのでブログを書いてみましょう。
人に公表するのが嫌なら手書きの日記でも良いと思います。
人に寄って合う合わないが大きい習慣ですが、僕には非常に合っています。

こうやってブログも書いてるし、一日の終わりに日記も書いてるし、エバーノートで適度に考えを整理したりしてます。

誰にも邪魔されない時間が多いからこそできる習慣ですね。



まとめ

個人的な主観ばかりを詰め込んだ内容なので、本当に人の役に立つかどうか分かりませんが、何かのヒントになれば幸いです。

最後に、福岡市内での一人暮らしについて

福岡はとても良いところですよ
天神や博多に近いところでも、家賃3万円とか普通にあります。

僕の家賃がその程度で、ワンルームという間取りですが、築年数が割と多くても良いなら、同じ額で1LDKとかに住んだりもできます。

それにおいしいごはん屋さんも多く、ちゃんと安いです。

そして地味に嬉しいのがゴミ出しのルールが緩いことです。
他の地域よりある程度雑に出してもうるさくないみたいですね。

これは福岡特有らしいですが、ごみ収集は夜に来ます。
だからカラスとかが漁りません。

確かに騒音等の問題がありますが、朝にゴミ収集車を見かけるより、夜に見かけた方がなんか安心します。

たまに、深夜に住宅街を散歩してたりすると、遠くからゴミ収集車の音がして、奴らがゆっくり近づいてくる時は、なんかモンスターが近づいてくる感じがして思わず逃げたくなりますw

最後に、福岡には美人が多いと言われています。
また、男女比も6:4くらいで女性が多いらしいです。

男女比に関しては統計データがあるから事実なんでしょうけど、
美人が多いというのは、美人しか意識して見ないからなんじゃないかなぁとも思ってます。
知らんけど。

だいたいの人におすすめの記事

-生活

この記事をこねた人

前原と申します。
当ブログは、毎日の妄想や生き方、疑問や感動した映画、音楽、ゲームなど、いろいろまとめてる雑記です。
目指せ1日1000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ワンルームが最高過ぎて他の間取りで生活できない

福岡市内のワンルームに住みだして4年近く経ちます。 好きな食べ物はネオソフトです。 最近、「そろそろ広い部屋に引っ越そかなぁ(関西弁風)」 なんて考えつつも、今の部屋が完璧過ぎて中々引っ越せずにいます …

音楽を聴くと景色がキラキラして見えるのは、瞳孔が開くから?

音楽の話をします。 音楽を題材とした映画の中でたまに 「音楽を聴いている間だけ景色が特別になって見える。まるで魔法だ。」 というセリフが出てきます。 少なくとも、「はじまりのうた」という映画の中で、 …

上島珈琲ブランド、ペットボトルの「黒糖入りミルク珈琲(コーヒー)」が旨過ぎる

最近見かけたペットボトル版の「黒糖入りミルク珈琲」が最高においしいです。 ※当記事は 「ペットボトル 上島珈琲」 「ペットボトル 上島コーヒー」 「ペットボトル 黒糖ミルクコーヒー」 「市販 上島珈琲 …

人気記事

人気記事

新着記事