やる気を出した子一等賞

webのこと、映画のこと、ゲームのこと、音楽のことなんかを綴ってます。

常に自分が「一人の観測者である」という考え

常に自分が「一人の観測者である」という考え

この記事はたぶん 4 分で読めます。
だいたいの人におすすめの記事

【公開日:

Pocket

僕は、自分も一人の「観測者」だと捉えている。

この考えを意識しだしたのはつい最近のことだが、改めて考えると僕は小さい頃から、
「ここにあるこれは、僕が気付いたから事によって特別なものになったんじゃなかろうか」
と考えることがあった。

ちょっと分かりづらいかと思うので後程解説するが、とりあえず僕は小さい頃から頭が狂っていたらしい。

小さい頃から「何もないところ」を意識するのが好きだった

僕は田舎生まれで、周りに特に何もなく、同世代の友達もあまりいない環境で育った。
それで庭や家の中を良く歩き回っていたのだが、その時に、意味が無いようなところに興味を持つ傾向があった。

それは一見すると本当につまらないもので、
例えば「室外機の裏に落ちてる古びた洗濯バサミ」
とかそういうものだ。

なんかそういう
「何年間も誰にも気付かれなかったであろうもの」
もしくは
「日常生活に関わらな過ぎて誰にも意識されていないだろうもの」
を考えて不思議な気分になるのが、僕は凄い好きだ。

過去形じゃないのは、今なおこういう意味不明なことをするからだ。

例えば今僕はワンルームで一人暮らしをしている。
そしてこの部屋にはベッドがある。

レイアウト上、ベッドと壁の間には人一人分がはまり込むことが出来るくらいのスペースがある。
僕は試しにこのスペースにわざとハマってみた。
「何やってるんだろう」
という考えと同時に、
「今このスペースに意味ができた」
という考えも頭に浮かんできた。

本来なら誰も見向きもしない”事象”に対して、あえて自分から突っ込んでいったことで、その事象にイベントが生じ、それによって”無意味なこと”に意味を持たされた気がした。

この”ベッドと壁の間のスペース”については、特に邪魔とも思わないし、かと言って活用したいとも思っていない。
つまり”意識すらしていない”という状況だった。

更に言えばこれは”僕の家の中の事象”なので、もちろん僕以外の誰も干渉できないことである。
だから、この”一切意味のないスペース”に対して僕が手を出したことにより・・・

いや、何か新しいことが起きるわけでは無いのだが、
それでも何か形容しがたい感情が沸き起こるのを感じる。

本当になんと言えばいいのか分からない・・・。

「木が倒れても…」という有名な哲学

僕が言いたい事は、「木が倒れても」という話を使えば伝わるかもしれない。

「木が倒れても、それを誰も観ていなければ倒れていないのと一緒」
とか
「誰もいない森で木が倒れたら音はするのか」
という話がある。

まず前者だが、量子物理学の世界では、「何が起きても、まず観測者がいなければそれは起きていないのと一緒」という考えがあるらしい。
※量子物理学とか言ってますがもちろん勉強したわけではありません。

仮に誰もいない真っ暗な夜の森で一本の木が倒れても、それを誰も観測していないのであれば、それは倒れてないのと同じ。

なんだろう。
この話を聞くだけでさっきの”形容しがたい感情”が沸き起こる。

これを読んでる人にも試してほしい。

できれば夜の方がイメージしやすいのだが、まず、ほぼ人が通らない森を想像してほしい。
でもあなたはそこに1度以上訪れたことのある場所だ。

そしてそこは電気も無く真っ暗で、もちろんこんな時間には誰もいないことが予測される。
そしてそこで、「バキバキ…」と音を立てながら木が倒れる。

その「木が倒れる」というイベントに対して、誰も何も気付かないので世界に対して一切何の影響も無い。
けどそこで確かに一つのイベントが起きている。

たったこれだけのことを考えるだけで、何か変な感情が沸き起こってこないだろうか。

「観測者」になるつもりで街を歩くという趣味

街はたいてい自分にとって興味の無いもので溢れている。

今までボケ―っと歩いてた街でも、「今まで見てなかったところ」を意識してゆっくり歩くと、
意外と「こんなところに看板あったんだ」ということにも気付く。

もちろんその看板は時々視界に入っていたもので、初めて”見る”わけでは無い。
でも意識して”観る”のは初めてなので、その時になって僕は初めてその看板の存在を悟る。

さて、大それた記事を書こうとしたが、イマイチ盛り上がらなかったので終わろうと思う。

また何か思うことがあれば追記していきます。

※当記事のアイキャッチ画像は、ホームレスの人が用意したであろうセットで、当記事とはほぼ無関係です。

だいたいの人におすすめの記事

-内省

この記事をこねた人

前原と申します。
当ブログは、毎日の妄想や生き方、疑問や感動した映画、音楽、ゲームなど、いろいろまとめてる雑記です。
目指せ1日1000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

着想に優れている自分を分析してみる

2016年の暮れくらいに「ストレングスファインダー」をやりました。 この「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」の中で行われる「テスト」がストレングスファインダーです。 …

「実業家系サイコパス」「成功型サイコパス」に憧れる理由

私はサイコパスに憧れている。 昔は、「サイコパスってなんか中二病みたいでかっけぇ」という理屈から憧れていたが、今は違う。 私が本気でサイコパスに憧れるようになったのは、以下の動画を見てからだ。 「心理 …

「引き寄せの法則」がうまくいかないのは「執着」が原因かも

当記事ではまず最初に「引き寄せが上手く行かない人向け」のプロセスを紹介しています。 そしてその後は引き寄せの法則に対する自分の認識などを紹介しているだけなので、興味の無い方は特に読む必要はありません。 …

「内省」に優れている自分を分析してみる

「ストレングスファインダー」のテスト結果で「内省」が3番目に優れていると出ました。 僕の優れたことになっている資質は、 ①着想 ②最上志向 ③内省 ④共感性 ⑤運命思考 ですが既に、着想と最上志向につ …

最上志向に優れている自分を分析してみる

ストレングスファインダー(外部リンク)のテストを受けてみて、僕は「最上志向」が2番目に優れていると出ました。 ちなみに1番は「着想」で、それについては以下の記事で書いてます。 「着想」に優れている自分 …

人気記事

人気記事

新着記事