ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

【65点】信者達が集う島に侵入「アポストル 復讐の掟」評価と感想【Netflix】

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

Netflixオリジナル作品「アポストル 復讐の掟」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は記事の最後でまとめて紹介します

※当記事は
「アポストル 復讐の掟 感想」
「アポストル 復讐の掟 映画」
「アポストル 復讐の掟 ネットフリックス」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

※日本語字幕無し

作品情報

公開年2018年
原題Apostle(訳:使徒)
上映時間130分
製作国アメリカ
監督ギャレス・エヴァンス
脚本ギャレス・エヴァンス
ジャンル ダーク、スリリング、サスペンス、ホラー、ファンタジー
主要キャスト ダン・スティーヴンス、ルーシー・ボーイントン、マイケル・シーン、マーク・ルイス・ジョーンズ、ビル・ミルナー、クリスティン・フロセス、ポール・ヒギンズ、リチャード・エルフィン、エレン・リース
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

1905年。誘拐された妹を救うため、孤島へ忍び込んだ男が、島を牛耳る狂信的カルト教団と対峙(たいじ)する。だが、その残虐非道ぶりは想像を絶するものだった。

引用:Netflix

〇みどころ

・グロ・ゴアシーン満載

・カルト教団が暮らす島の陰湿さ、不気味さが良い

・意外にも戦闘シーンがかっこ良くて見応えあり

・主人公を演じる「ダン・スティーヴンス」がイケメン。あと美女が多い。

【ネタバレ無し】感想

信者たちが暮らす島に上陸
信者たちが暮らす島に上陸

普通に面白い作品だったとは思います。
でも一般レビューサイトで星4をたたき出す程かな、という感じはしました。

主人公のトーマス(ダン・スティーヴンス)は、身代金目的で誘拐された妹の「ジェニファー(エレン・リース)」を救い出すために、信者を装い単身でカルト教団が暮らす島に潜入します。

僕はこの手のプロットが大好きです。

主人公が唯一の「一人だけ信者じゃない人間」なので、そういう現実主義者に思う存分感情移入し、彼に身入れしながらストーリーを追うことが出来ました。

ただ、作中でもセリフとして登場しましたが、トーマスの眼力が凄い
他の弱そうで優しそうな信者たちの目とは明らかに違います。
全然信者を演じてる感がありません。

 

逆にそれがかっこいいのですが、この異質でいかにも切れ者っぽい男を支配者たちはよく侵入者だと気付かなかったなと。

というわけで次項から本腰入れて感想を書いていきます。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

良い点:戦闘シーンがかっこいい

「アポストル」は戦闘シーンがやけにかっこいい
「アポストル」は戦闘シーンがやけにかっこいい

少ないですが、本作には戦闘アクションシーンがいくらかあります。
そしてそれらのシーンが総じてかっこいいです。

スピード感がちゃんとあり、戦闘の展開が二転三転したりなんかしてちゃんと面白いです。
短い戦闘の中に含まれるアイディアの数も凄い。
マジで、なんか戦闘シーンとか、グロ・ゴア系のシーンだけ急にスイッチが入ったかのように面白くなるんですよね。

中盤で、屈強な いでたちのラスボス「クイン」と、いかにもひ弱な「ジェレミー」という若者が「できちゃった結婚」を理由にバトります。

戦いが始まる前から明らかにクインの方が優勢でしたが、ジェレミーはポケットに隠していた「トーマスからもらったナイフ」をサッと取り出しクインに切りかかります。

「出来過ぎた展開」と言われれればそれまでかもしれませんが、あまりにナチュラルに応戦するジェレミーがめちゃくちゃカッコ良かった。

 

狭い部屋の中でクインは力に物を言わせやたらにジェレミーを投げ飛ばしますが、ジェレミーは隙あらばナイフでクインの体を切りつけるスタイルです。

最終的に「戦闘」はジェレミーが勝ちました。
しかしその後にクインが「ジェレミーが俺の娘を殺し俺にも襲い掛かってきた」とジェレミーに濡れ衣を着せたので勝負には負けましたが、ジェレミーは最後までカッコ良かった。

他の方のレビューを読んで知ったのですが、本作の監督は「ザ・レイド」という傑作アクション映画を監督した「ギャレス・エヴァンス」です。

実は「ザ・レイド」を未見なのでなんとも言えないですが、トレイラー見る限りではめちゃくちゃ激しいですね。

こんな映画を撮る監督だからこそ、本作に僅かに挿入される格闘シーンに思いっきり力を入れたのでしょう。

良い点:演出(特にカメラワーク)が良い

流れるようなカメラワークを多用していた
流れるようなカメラワークを多用していた

さっきの「格闘シーン」に続く感じですが、本作は演出、カメラワークが凄くかっこいいです。
「かっこいい」という言葉を多用するとミーハーに聞こえるのであまり好きでは無いのですが、個人的に「斜めカット」とか「流れるような映像」が好きで、そして好きな理由が「かっこいいから」なのでその点で本作が凄く好きです。

 

序盤、「この島に異教徒の侵入者がいる」とトーマス含む複数人が教会に集められた後、1人ずつバイブルの暗唱をさせられました。

トーマスは元々信者では無いのでバイブルの中身など知りません。
ある程度は読んだのでしょうが暗唱までは出来ない様子。

右端から順番に暗唱が始まった時の「マジかよ・・・」というのがカメラワークからひしひしと伝わりました。

順番に暗唱が始まったので気を落とすトーマス
順番に暗唱が始まったので気を落とすトーマス

その後の「この状況をどうやって打破するか」というトーマスの思考も、カメラワークによって告げられていました。

ちょっとマニアックな点ですが凄い良かった。

良い点:美人枠が多い

本作は美人が多い:左「フィオン(クリスティン・フロセス)」右「アンドレア(ルーシー・ボーイントン)」
本作は美人が多い

「フィオン(クリスティン・フロセス)」「アンドレア(ルーシー・ボーイントン)」「ジェニファー(エレン・リース)」
この3人が美人枠でした。

トーマスの妹「ジェニファー」は終始ズタボロだった為分かり辛いですが、それでもちゃんとエロかったと思います。(エロくはない)

ジェニファー(エレン・リース)
ジェニファー(エレン・リース)
 

というわけで本作は目の保養に良い。

ちょっと悪い点:脚本がイマイチ。ツッコミどころも多い

意外とファンタジー要素が強い
意外とファンタジー要素が強い

ファンタジーというか「オカルト」色が後半にかけて強くなるし、結末も非常にオカルト的な感じでした。

それは良しとして、本作は大事なところで大きなツッコミどころがありました。

それは「クインとジェレミーの戦闘後、クインがジェレミーに濡れ衣を着せるシーン」です。

クインは自分の娘である「フィオン」を殺し、そして土壇場でそれを「ジェレミー」のせいにしました。

あの家では、クインはジェレミーとやり合う前にフィオンと結構派手な言い争いをしていました。
そして当然その声は周囲にも聞こえていたはずです。

 

にも拘わらず、周囲の信者たちは何故かクインを信じジェレミーを処刑しました。

ただ、基本的にこの手の作品内の信者は気弱なので、仮に信じていなくても支配者側の言う事を聞くという流れが定番です。
それにうまい事周囲の様子を描写しなかったので、「誰も二人のやり取りを知らなかった」とごまかすことにも微妙に成功しました。
(それでもなんか凄い違和感)

僕は映画が好きなのである程度のツッコミどころは基本的に許容しながら観ています。
しかしこのような「重要な流れ」に繋がるシーンで明らかなツッコミどころが見つかると、展開が非常に無理やりに感じます。

ジェレミーの処刑シーンは「その理不尽さ」も相まってかなり残酷なものでそこは好きなポイントなのですが、だからこそもっと自然な流れで到達していたらと思えてしまいます。

評価・まとめ

65点

まぁまぁ面白い作品でした。
脚本はたぶん深いことをやってると思います。
でも考察する気力が沸く作品ではありませんでした。

「戦闘が面白い。」
意外かもしれませんが、本作の評価ポイントは間違いなくそこです。

レビュー
レビューした日
レビュー作品
アポストル 復讐の掟
総合評価
31star1star1stargraygray



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル