ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

【お勧めドラマ】「僕らは奇跡でできている」最終話までの感想や人物紹介

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

2018年10月9日(火)21:00スタートのフジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡で出来ている」の第一話を鑑賞しました。

リアルタイムでは見逃したのですが、期間内なら「Tver(ティーバー)」というサイト(またはアプリ)で見逃し配信できるので便利です。

わざわざ有料の「フジテレビ・オン・デマンド(FOD)」に登録せずに済みます。
第一話時点で中々面白かったので、諸々の情報、感想をまとめていきます。

※当記事は
「僕らは奇跡で出来ている ドラマ」
「僕らは奇跡で出来ている 感想」
「僕らは奇跡で出来ている ネタバレ」
などのワードで検索される方におすすめです。

最終話までの感想まとめ

第1話

 

第2話

 

第3話

 

第4話

 

第5話

予告編(トレイラー)

作品情報

放映開始2018年10月9日(火)21:00
エピソード数全〇話予定(分かり次第追記)
放送局フジテレビ
脚本橋部敦子
ジャンル ヒューマンドラマ
主要キャスト 高橋一生、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾、矢作穂香、北 香那、広田亮平/田中 泯、トリンドル玲奈、阿南健治、戸田恵子、小林 薫

あらすじ・みどころ

「クスっと笑えて、ハッと考えさせられ、最後はほっこり。」

少年のような性格で、物事に没頭するとすぐに周りが見えなくなってしまう変わり者の「相河一輝(高橋一生)」。
常識や固定概念にとらわれない一輝の行動はとにかく不思議で周りをイラつかせることもあるが、新しい発見を与え続けている。

〇みどころ

・天然?な「相河一輝(高橋一生)」のキャラクター

・いろんな動物の豆知識が散りばめられている

キャラクター紹介

相河一輝(あいかわ かずき)役:高橋一生

相河一輝(あいかわ かずき)役:高橋一生
相河一輝(あいかわ かずき)役:高橋一生

「私立文化都市大学」で動物行動学を教える新任講師。
半年前に鮫島教授の推薦により講師となったが、ほぼ毎日のように遅刻したり、他の先生から見ると意味不明な授業をしていることであまり良く思われていない。(嫌われているわけではない)

動物に対する興味・好奇心が強く、見知らぬ子供に投げかけられた「イソップ物語の”ウサギとカメ”の”カメは何故ウサギを起こさなかったのか?”」を大真面目に考え、更には大学の講義の内容にしてしまうなどの変人っぷり。

水本育実(みずもと いくみ)役:榮倉奈々

水本育実(みずもと いくみ)役:榮倉奈々
水本育実(みずもと いくみ)役:榮倉奈々

父の代から続いているという「水本歯科クリニック」の若き院長。
水本歯科クリニックと並行して銀座の審美歯科でも働いている。

収益的には審美歯科の方が圧倒的に良いらしいが、水本歯科への思い入れや、常連への配慮により水本歯科を畳むという選択肢は無い様子。

 

一輝とは対照的な常識人で、治療中にやたら動物のことを話す一輝を遮って治療を続けたり、予約の時間を守らない一輝をきつく叱るなど少し冷酷な性格。

治療前に「痛くないから大丈夫だよ」と子供に言い聞かせていた母親に対し「実際には痛みを伴います。信頼関係に影響を与えるのでそういう事は言わないでください」と注意していた。

山田妙子(やまだ たえこ)役:戸田恵子

山田妙子(やまだ たえこ)役:戸田恵子
山田妙子(やまだ たえこ)役:戸田恵子

一輝の家に住み込みで働く家政婦。
20年前から家政婦として勤めているらしいが、一話時点ではどういう経緯で住み込み家政婦になったのか不明。

おせっかいな性格で「絶対に僕の部屋に入らないでください。」と一輝に言われていたにも関わらず、何かと理由を付けては一輝の部屋に侵入している。

鮫島瞬(さめじま しゅん)役:小林薫

鮫島瞬(さめじま しゅん)役:小林薫
鮫島瞬(さめじま しゅん)役:小林薫

都市文化大学生命科学部学部長。
一輝の大学時代の恩師。

一輝のキャラクター、動物に対する好奇心を買って大学講師へと推薦した。

丹沢あかり(たんざわ あかり)役:トリンドル玲奈

丹沢あかり(たんざわ あかり)役:トリンドル玲奈
丹沢あかり(たんざわ あかり)役:トリンドル玲奈

「水本歯科クリニック」の歯科衛生士。
急患を受け入れた事で元々プライベートでの用事があった育美に残業をさせ、しかし自分は「キャンセルできない用事があるので」と言い仕事を切り上げるなど、少し一輝に似て自分を優先する側面がある。

「高いプレゼントは自分で買わず彼に買ってもらうことでお姫様気分を味わう。そしたら彼は王子様気分を味わえる。」と同僚と話し、たまたまそれを聞いていた育美をハッとさせる。

 

そういう意味では、人付き合いは意外と育美より上手いのかもしれない。

最終話までの感想まとめ

第1話

 

第2話

 

第3話

 

第4話

 

第5話



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル