ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

ドラマ「僕らは奇跡でできている」第2話 ざっくりストーリーと感想

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 6 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

フジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡で出来ている」の第2話の感想記事です。
一輝が思いつきで始めた「フィールドワーク」によるドラマが描かれています。

※当記事は
「僕らは奇跡で出来ている 2話」
などのワードで検索される方におすすめです。

あらすじ

大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋一生)は、ある日、通っている歯科クリニックで“キッキッキッ”と音が出る古い水道の蛇口を発見。その音が鳥の鳴き声に似ていたことから、授業でフィールドワークに出かけることを思いつく。しかし大半の学生は、学外に出るフィールドワークを面倒に思うばかりで、ワクワクしているのは一輝ただ一人——。

引用:あらすじ | 僕らは奇跡でできている | 関西テレビ放送 カンテレ

前回ラストのようなドラマティック展開は少なく、どちらかと言えば本エピソードは「準備巻」といった感じでした。
一輝の子供時代についてや、一輝の動物的な知識披露が今回は多かったのが良かった。

【第二話】ストーリーをざっくり解説

予約予定時刻に育美のクリニックに到着するも、その歯科医院に設置されている洗面台の古い蛇口に興味津々の一輝。
蛇口をひねると「キュッキュッ」と音が鳴り、それが鳥の鳴き声に聞こえて面白かった様子。

それに夢中になり過ぎた一輝は、やっぱり育美に「もう時間が始まってますので」と冷たくあしらわれる。

一輝はどうやらこの「鳥の鳴き声」をヒントにフィールドワークを実行することを思いつく。

一輝は自分で「バードコール」と呼ばれる鳥の鳴き声と同じ音を出す道具を作り、それを持って学生たちとどこかの山の中へ。

山中へ到達すると、一輝は生徒たちに「バードコール」を一個ずつ手渡す。
バードコールは、少し太い木の枝を短く切ったものにネジをねじ込んだもので、ねじを回すと蛇口と同じように「キュッキュッ」と音が鳴る。

バードコールを学生たちに手渡した後、一輝は1人離れて次の装置の準備へととりかかる。
そこへたまたま通りかかった青山琴音(矢作穂香)が一輝に「何してるんですか」と不思議そうに聞く。

一輝は少し黙った後、「内緒です」と楽しそうに答える。
一輝のこの反応に何故かドキっとした様子の青山。

準備が終わり生徒たちの元へと戻る一輝。
生徒たちがバードコールで音を鳴らしても特に鳥は応えてくれず、でも一輝が鳴らすと遠くの方から確かに鳥の鳴き声が聞こえ始める。
一輝は鳴らし方を相当心得ているようだ。

そして今度は糸電話のような装置を使い他の動物を呼び寄せる一輝。
木と木の間に糸を張り巡らし、そしてその間には紙コップが通されている。

一輝がその糸をこすると、鳥か動物かは分からないが確かに鳴き声のような音が鳴る。
それに反応し、森の中の動物たちが鳴き返してくれる。

「750m先に雄の鹿がいます。」

学生の一人に「当てずっぽうだろ」と言われながらも近くにいる動物を説明し続ける一輝。

場面は変わって、育美は慣れない手つきで手料理を作っている。
インターホンが鳴りモニターを見る育美。
そこには前回夜のデートで言い争いをした恋人の「鳥飼(和田琢磨)」が。

 

前回のデートで育美は、高そうなアクセサリーを自分で買って身に付けたり、「今回は私が払うから」と言い高級レストランに進んで入ったりしたせいで鳥飼から「俺のこと下に見てんだろ」と言われ、そこから少し仲違い状態だった。

二人は育美の家で、育美の手料理を食べながら他愛も無い話をする。

「そういえば雑誌、どうなった?」と鳥飼。
育美は雑誌に掲載されたという話題になるとまた「自分が上に立つかも」と考え、「まだ掲載されてないみたい。いつ載るんだっけかな」と言葉を濁す。

食後育美が「コーヒー淹れるね」と立ち上がるも、「今日はもう帰るよ」と鳥飼。
「え?」と驚く育美。

鳥飼は帰り際「なんか気使わせちゃったみたいだな。実は雑誌読んだんだ」と一言。
「それじゃ」と帰る鳥飼。

自分の言動がまた裏目に出てしまったというような表情をする育美。

あくる日、一輝は一人で焼き肉屋に入る。
カウンター席に座った一輝の二つ隣にはなんと育美が。
どうやら育美も一人焼肉を楽しみに来た様子。

それぞれ目の前の七輪で肉を焼きながら食らう。

焼き肉を食べながら微妙な距離間(感)で会話する一輝と育美。

 

一輝があまりにおいしそうに焼き肉を食べるもんだから、「よっぽど好きなんですね」と育美。

一輝は最近虫歯を抜いたのでそのせいで流動食程度しか食べられず、久しぶりにちゃんと咀嚼筋を使って食べられることに感動している様子。

そしてリスについて熱弁する一輝。
その話に興味が無さそうで、「いいんじゃないですか。リスと仲良くやれば」と言う育美。

焼き肉屋で話す育美と一輝
焼き肉屋で話す育美と一輝

「僕は中々人と仲良くなれませんから。」
と一輝。

「えぇ・・・分かってるんですね・・・」と育美。

一輝「でも、一番仲良くなりたい人と仲良くなれたからそれでいいんです。昔は、その人のことが本当に大っ嫌いで、仲良くなろうとしても、無理で、とにかく嫌いで、毎日泣いてました。」

育美「毎日泣くほど嫌いって」
一輝「今はもう大丈夫です」
育美「良かったですね。仲良くなれて。(あきれながら)」
一輝「はい」
育美「その人もやっぱり、動物好きなんですか」
一輝「はい。僕です。昔の僕は僕が大嫌いで、毎日泣いてました。」

その発言にあっけに取られ肉を焦がす育美。

 

帰宅した一輝は、家政婦の山田と一緒にリビングでお茶を飲んでいる。

山田「一輝さんは誰と焼肉食べに行ったんですか?」一輝「一人です」
山田「一輝さんは誰と焼肉食べに行ったんですか?」一輝「一人です」

大河原という人と焼き肉に言ったという話をする山田。
その後「一輝さんは誰と焼肉食べに行ったんですか?」と聞く。

一輝はしばらく考え、「一人で行きました」と答える。
行った先で育美と会って話はしたが、一輝は迷った末に「誰と行った」という質問に対し率直に答えた様子。
もしくは、女性と食事したと話せば、その事実だけを都合良く抜き取り、山田が変に勘違いすることも考慮したのか、それか少し気恥ずかしさもあったのかもしれない。

感想

あまり大きな事件はありませんでしたが、ほのぼのとしてとても面白かった。
一輝というキャラクターの掘り下げが上手く出来ていたと思います。

少し嬉しかったのが、育美との焼き肉シーンで一輝が「目的論」について少し話していたっこと。

一人焼肉に来たのが一輝に観られたのが少し恥ずかしかったのか、育美は「焼肉を食べに来た」と話す際に「ストレスを解消する為に来た」と少し濁した言い方をします。

でも一輝はあえてそこに「食べたいから食べてるんですよね」とツッコむ。

「だから、ストレス解消です。」
「食べたいから、ストレスを理由にして食べてるんですよね。」
「違います。ストレスを解消したいから食べてるんです。どっちでもいいんですけど」

育美の言い方と一輝の言い方はそれぞれ到達点は同じですが、一輝は「目的論」を用いた言い回しで、育美は「原因論」に沿った言い回しをしています。

目的論についてはこの辺りの記事である程度詳しく書いています。

※関連記事は記事の最後でまとめて紹介します

 

この話自体が僕の好みでしたが、それ以上に「目的論」について具体的な説明がなされなかったのが良かった。

もしこの会話の中で具体的な解説が入ればそれは明らかに蛇足になってたし、そもそも一輝というキャラがそんな心理学について話すタイプにも見えません。

一輝は非常に素直な性格なので、もしかしたら単純に「食べたいから焼肉を食べてるはずなのに」と思って聞いたのかもしれませんね。

あと、前回の感想記事で書き忘れましたが、青山琴音(矢作穂香)が樫野木(かきのき)聡(要潤)の退屈そうな英語の講義を受けている時、「もしかして楽しいのかな・・・」的なことを口走ります。

「楽しいのかな」というのは、その直前に描写されていた一輝の授業のことを言っていたと思われます。

そんな青山は、第二話にていよいよ本格的に一輝に惹かれる描写がありました。
話数が進むといずれは育美と青山が対面することもあるだろうし、二話時点で上手い具合に展開が気になる作りにさせてきやがります。

 

今シーズンのドラマでは、リーガルVを超えて一番好きな作品かもしれません。



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル