レギュラーコーヒーに「砂糖」とか「シロップ」を入れるとクソまずくなる

本日のおすすめ記事

リサイクルショップに行くと具合が悪くなる

僕はリサイクルショップが好きだ。 狭い空間にいろんな雑貨、生活用品が置いてあるという事実に興奮する。 しかし何故かそこに長居できない...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 5 分で読めます。

レギュラーコーヒーに、シュガースティック1本、ミルク1個を入れて飲む人は多い。
僕も昔やっていたが、今思えばそれはクソまずい。

※当記事は
「コーヒー まずい」
「コーヒー 砂糖」
「コーヒー シロップ」
などのワードで検索される方におすすめです。

コーヒーに砂糖やシロップを入れる理由

一口にコーヒーと言ってもたくさんの種類があるが、最も多く普及しているのは間違いなく「ドリップコーヒー(レギュラーコーヒー)」であり、当エントリーでもドリップコーヒーに限定して話す。

さて、コンビニコーヒーがメガヒットしたおかげで、より一層ドリップコーヒーを飲む機会が増えた。

元々ブラックコーヒーが飲めない人は、ホットなら砂糖を、アイスならガムシロップを入れて飲むことが多い。

なぜコーヒーに糖分を入れるのか?
答えは「そもそも飲めない飲み物を飲めるようにするため」である。

もっと単純な言い回しにすると「ブラックより微糖の方が好きだから」で間違いないと思う。

しかし僕は思う。
そこまでしてコーヒーを飲む必要は無いのではないか。

ドリップコーヒー × 砂糖1個のまずさ

昔僕は甘いコーヒーしか飲めなかった。
でも、「甘いコーヒーが好き」という理由から、コーヒー自体は良く飲んでいた。

ただ僕が飲んでいたのは、マウントレーニアとか、100円で500ml入ってる大きいミルクコーヒーとか、高千穂牧場のあんっまいドリンクだ。(プラスチックの容器に入ってるやつ)

まだブラックが飲めなかった頃、ドリップコーヒーを飲む機会があったら、僕は砂糖やミルクを当然のように1つずつ入れていた。
そうしないと飲めないからだ。

 

でも今思えばそれは非常にまずい。

コーヒーに少量の砂糖を入れることであの嫌な苦み自体は無くなるが、それでも「甘くなる」わけでは無いので、ただただ酸味が際立ってしまう

それは砂糖が少量であればあるほど目立つ。

例えば缶コーヒーの「微糖」には我々の想像以上の糖分が入っており、全然「微糖」では無い

だからこそ、コーヒーが苦手な人でも「缶コーヒーは好き」という人は多い

 

ドリップコーヒーに少量の砂糖を入れるというのは、ただただ酸味を際立たせ、かと言って市販の甘いタイプのコーヒーと比較すると甘さが全然足りないので、一番まずい状態のドリンクだと思えて仕方が無い。

ドリップコーヒーに砂糖やシロップを入れるというのは、飽くまで「そもそも飲めないモノをなんとか飲めるようにするため」のものだ。

今でもブラックはあまり好きじゃないが、昔は一杯のコーヒーに対して、スティックシュガー3本、アイスコーヒーならガムシロップ3個を入れていた。

それでやっと市販の甘い系コーヒーの味に近づく。

コーヒーが「お茶」的な立ち位置になってしまったが故の問題

本心から「シュガー一個入れる飲み方が好き」という人もいると思うが、「コーヒーの一番まずい状態」で飲んでいる人の大半は、自分の意志で飲んでるわけでは無いように思える。

例えば訪問先でドリップコーヒーが出されたとする。
もちろんそこには、ブラックが飲めない人向け砂糖やミルクがだいたい1セットずつ置かれている。

 

ブラックが飲める人はそもそもブラックのまま飲むので問題ないが、そうじゃない人はそれらを与えられた分入れることになる。

これは「与えられた」という刺激に対して、そのまま反応しているわけである。

そして我々はこう思う。
「これが一般的なことなんだ」と。

全日本人が当然のようにやっているから、私もやっている。ということだ。

実際にブラックコーヒーは、いきなり「おいしい!」と思えるものではない。
たばこのように何度も何度も取り込むことで、体に慣れさせ無理やり飲み慣れていくものである。

だからそもそもブラックを飲めない人が大半で、それにより多くの人が「社会で当然のように飲まされるコーヒーを、自分でも飲める状態にする術」である「少量の砂糖」に飛びつく。

そして蔓延したのが「一番まずい状態での飲み方」だと思っている。

カフェイン摂取のため

 

「コーヒー飲んだら眠気が覚めた」と感じたことが一度も無いので、そもそも僕はカフェインの覚醒作用に対して疑問を抱いているのだが、実際に「眠気覚まし」としてコーヒーを飲む人は多い。

そしてその場合、そもそもコーヒーの味を楽しむわけでは無いので、美味しさはあまり意識していないと思われる。

であれば、とりあえず砂糖を少量だけ入れて、激苦状態からある程度飲める状態にするという行動に違和感は無い。
世間一般的にも、糖分の摂取量は少ない方が良いとされているし、「カフェインを摂る」という作業のための少量の砂糖は致し方無いだろう。

飲み方なんて人それぞれなのに、なぜ僕は「まずい」と言い切れるのか?

コーヒーの飲み方なんて千差万別。
自分が好きな飲み方をすればいい。

それは当然なことだ。

でもコーヒーに限らず、自分の行動に対して「本当にこれは自分の好きなことか」というのは定期的に考えないと、意外と「世間一般・常識の言いなりになっているだけ」ということになりかねない。


例えば知り合いと二人でコンビニに行って知り合いがコンビニコーヒーを買ったとする。
それに同調して自分も同じコーヒーを買う。
知り合いはブラックで飲んでいるが、自分はブラックで飲めないのでとりあえず砂糖を1つ入れる。
これで飲めるようになった。
コーヒーはそもそも苦くて飲めるものじゃないので、飲めるようになっただけでとりあえず満足。

コーヒーというのはそこまでして飲むものじゃない。と思っている。
確かにコーヒーというのはなんか「雰囲気」的な魅力があるため、他人が飲んでいたら自分も飲みたくなったりする。

しかし、「少量の砂糖」を入れる飲み方は、その普及率の高さの割に全然おいしくないことに気付いて欲しい

なんだかんだ、「ブラックコーヒー」が飲めない人は、世の半数以上を占める。
そして彼らは、何の疑問も抱かずに「少量の砂糖が入ったドリップコーヒー」を今まで長いこと飲んできた。

本当にそれはおいしかっただろうか?
雰囲気でなんとなく飲んでいた節は無かっただろうか?

 

僕は「それは確実にまずい飲み物だ」と言い切れる

その理由は「市販品」だ。
ひとたびコンビニに入ると、苦いのから甘いのまで、何十種類ものコーヒー飲料が並んでいる。

さてその中に「ドリップコーヒーに少量の砂糖を入れたような味」を再現した飲み物はあっただろうか?

当記事でずっと言ってる「少量の砂糖」とは、いわゆるガムシップ1個とか、スティックシュガー1個という平均的な量だ。
客先や喫茶店で出されるブラックコーヒーに、少量の砂糖を入れたようなあの味。

そう。市販品でその味を再現したものは一つとして無いのだ。
ガチのマジで一つも無い。
確信して言える。

そんなまずいものを販売しても売れるわけが無いからだ。

まとめ

僕も長いこと騙されてきた。
ひとたび「こういうもの」と思い込むと、何の疑問も抱かずに当然のようにそれを習慣化してしまう。

幸い今の僕はブラックでコーヒーを飲むことができる。
しかし一番好きなのは「コーヒー × ポーションミルク」の組み合わせであり、もう何年も毎日その組み合わせでコーヒーを飲んでいる。

そしてたまーーーーーーーに、「砂糖入れたらどんな味だっけ」と思い試してみるが、一気に台無しになるのを感じる。

「あー。確かに昔はこの状態のコーヒーを飲んでいたけど、当時からどことなくまずいと感じていたな」
と気付く瞬間でもある。

別に僕は「ブラック飲めよヘタレども」なんて言いたいわけじゃない。
ただ単に、コーヒーが飲めない人が自然な流れで行きつく「一番まずい状態」に対して、「こう考えてるのは僕だけだろうか」と疑問に思ったので記事に起こしたまでである。

あなたが一番おいしいと確信してる状態でコーヒーを楽しんでいるなら、僕は問題ない。

関連記事:



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

リサイクルショップに行くと具合が悪くなる

僕はリサイクルショップが好きだ。 狭い空間にいろんな雑貨、生活用品が置いてあるという事実に興奮する。 しかし何故かそこに長居できない...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事をこねた人

前原と申します。
当ブログは、毎日の妄想や生き方、疑問や感動した映画、音楽、ゲームなど、いろいろまとめてる雑記です。
目指せ1日10,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル