やる気を出した子一等賞

webのこと、映画のこと、ゲームのこと、音楽のことなんかを綴ってます。

長男・次男・次女とかの呼び方の疑問

長男・次男・次女とかの呼び方の疑問

この記事はたぶん 2 分で読めます。
だいたいの人におすすめの記事

【公開日:2017年2月25日 04:08:34】 【更新日:

Pocket

※当記事は
「長男 次男 呼び方」
「長男 次女 呼び方」
「長男 三女 呼び方」
などのワードで検索される方におすすめです。

筆者は長男とかを以下のように呼ぶと思っていた

例えば以下のような5兄弟がいたとする。

①たくや
②まさし
③ゆりか
④みさこ
⑤りきや

僕は小さい頃、「長男」とか「次女」とかを、以下のように割り振ると思っていた。

①たくや(長男)
②まさし(次男)
③ゆりか(三女)
④みさこ(四女)
⑤りきや(五男)

※これを”筆者提案の呼び方”とする。
性別関係なく、生まれた順番にナンバリングしている感じですね。

長男とかの正しい呼び方

でも実際はこれは間違いで、正しくは以下の呼び方である。

①たくや(長男)
②まさし(次男)
③ゆりか(長女)
④みさこ(次女)
⑤りきや(三男)

見ての通り、正しい呼び方は性別ごとにナンバリングが分けられている。

正直、これはややこしいのでは?と思っている。

だって普通に会話してたら、
「こないだうちの長女がね」
「アンタんとこの長女って一番上だっけ?」
「いや3番目」
となる。

僕は子供がいないので分からないが、これはかなり面倒である。

勝手な想像だが、小学校で長男とかの呼び方を習った時、大多数の人が直感的に筆者提案の呼び方をイメージしたのでは無いだろうか。

しかしながらそれは間違いで、正しくは性別ごとにナンバーが振り分けられている。

さすがにややこしいので、もしやこれは意味があるのでは?と思い調べてみた。

その結果、「家督」に繋がることが判った。
例えば相続的な話をする際、未だに「男」に継ぐという習わしがある。

例え上3人が女で末っ子が男でも、土地や会社を相続するという話になった時、とにかく「男」に継がせるというわけだ。
だから弁護士とか交えてそういう話になった時、「長男は誰ですか?」という質問一つで、誰に継がせればいいかが分かるというものだ。

とは言えこれはかなり昔の習わしで、今や女性の社会進出なんて珍しいものでも何でもない。
だから、やっぱり筆者提案の呼び方の方が分かりやすいと思う。

とは言え今更この程度のことを変更する気も無いだろうし、しなくてもいいと思う。
とりあえず、なんとなくの疑問が解決したので一安心。

だいたいの人におすすめの記事

-世の中

この記事をこねた人

前原と申します。
当ブログは、毎日の妄想や生き方、疑問や感動した映画、音楽、ゲームなど、いろいろまとめてる雑記です。
目指せ1日1000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

頭が良い人に限ってブラックで働き続ける

僕が以前アルバイト入社したデザイン会社には、とても優秀な先輩がいた。 入社後しばらくして知ったことだが、彼は「時給800円で雇われているバイト」だった。 しかも何年間もそこで働き続けている。 ※当記事 …

【いらない】お土産というクソみたいな文化【不要】

「どこどこに行ってきました。みなさんで食べてください。」 系のお土産がオフィスの机に置いてある。 この手のお菓子は、僕のなかで「許されるもの」と「許されないもの」に二分化できる。 許されないものの代名 …

「人志松本のゆるせない話」から見る芸人たちの着眼点の凄さ

「七転び八起き」ということわざがある。 よく考えると、「7回しか転んでないのだから7回しか起き上がれない」はずである。 なのに8回も起き上がっている。 しかし、倒れた状態からスタートしているのであれば …

「地中化した電信柱」都会の歩道とかマンションの前にある茶色い箱の正体

ゆとり世代として、僕はグーグルと一緒に育ってきたと言っても過言ではないと思っています。 webで分からないことにつまづいても、「まずググる」でなんとかなってきました。 しかしながら、時々ググり方が分か …

歩きたばこを撲滅する方法を思いついた

歩きたばこに遭遇するとお腹が立ちます。 しかし、この程度のマナー違反は無くならないのが現状です。 僕らももうそこまでカリカリすべきでは無いのでしょう。 たばこのポイ捨てならまだ 「こら!そこのたばこ! …

人気記事(週間)

新着記事






%d人のブロガーが「いいね」をつけました。