加熱式タバコの「glo(グロー)」を手に入れたのでレビューします。

この記事はたぶん 6 分で読めます。
だいたいの人におすすめの記事
Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

元々非喫煙者でしたが、「glo(グロー)が欲しい!」と急に思い立って、ラッキーなことに転売以外の割引価格でGETできましたのでレビュー記事を書きます。

※当記事は
「glo(グロー) レビュー」
「glo(グロー) 口コミ」
「glo(グロー) キック感」
などのワードで検索される方におすすめです。

glo(グロー)の吸い応え(キック感)はいかに?

実はわたくし、以前アイコスの販売に携わるバイトをしたことがあります。
その時にアイコスも吸ったのですが、確かに当時、「火を使わないでこの吸い応えは凄い」と思いました。

吸い応えのことを「キック感」と言ったりするようですね。あの肺に重くのしかかる感覚のことを指していると思って問題ないでしょう。

そしてglo(グロー)は、そのアイコスに匹敵するキック感があるように思います。
ただしそれも最初の3服程度まで

その後はアイコスに引けを取り、ほぼ吸い応えは感じなくなります

しかし、私のような非喫煙者にはむしろそっちの方が好都合で、最初の3服程度は他の人に吸って欲しい気持ちです。

glo(グロー)のキック感を最後まで楽しむコツ

キック感は最初の3服くらいしかありません。
だから普段重いたばこを吸ってる人は物足りないかもしれませんね。

しかし、吸い方を工夫すれば最後まで楽しめます。

そのコツというのは、最初は短く吸うというものです。
最初はあまり深く吸い込まず、次第に吸入する時間を長く深くしていけば、なだらかなキック感を最後まで楽しめます。

glo(グロー)はマジで連続吸いができる

公式発表では、glo(グロー)は満充電で30本連続で吸い続けることができます。
アイコスでは1本置きに充電が必要なので、これは嬉しいですね。
実際に知人のアイコスファンも、「連続吸いができるという理由でglo(グロー)が気になる」と言ってました。(しかし味などを含めると圧倒的にアイコスが好きだそうです)

そして私の言う「連続吸い」とは、一本のたばこを連続で3本分くらい吸えるということです。

もちろん味や吸い応えは落ちますが、水蒸気は出続けます。
その為、「吸ってる感」は継続して味わえます。

非常にケチ臭い楽しみ方ですが、私は最初の吸い応えというか、「重さ」が嫌いなので、むしろ2回目くらいからが本番です。

glo(グロー)の味はどうなの?

現在、KENTの銘柄でglo(グロー)専用たばこ(ネオスティック)が8種類販売されています。

  • 香ばしいレギュラー「ブライトたばこ」
  • なめらかメンソール「スムースフレッシュ」
  • さわやかメンソール「フレッシュミックス」
  • 強メンソール「院展スリーフレッシュ」
  • 深みのレギュラー「リッチタバコ」
  • 贅沢に香るメンソール「ダークフレッシュ」
  • 爽快に香るメンソール「スパーク・フレッシュ」
  • すっきり香るメンソール「シトラス・フレッシュ」
  • なんと8分の6がメンソール

    メンソールがあまり好きではない私は選択肢が一つしかありません。
    「ブライトタバコ」の一択です。
    「リッチタバコ」は激マズでした

    大昔に普通のケントのたばこを吸ったことがありますが、なんか堅い感じがしてあまり好きではありませんでした。

    でもglo(グロー)専用ネオスティックのKENTは、全くと言っていいほど味が違う気がします。
    細かい味は忘れましたが、アイコスと同じ「焼きもろこし臭」「焚火臭」がします。
    私はこの焦げた匂いが大好きなので、結構堪りませんな。

    ネオスティックがアイコスより安い

    アイコス専用ヒートスティックはひと箱20本入りで460円です。
    それに対しKENTのネオスティックはひと箱20本入りで420円です。

    地味に安いのが嬉しいですね。

    glo(グロー)の使い方

    1. ネオスティックを差し込む
    2. 電源ボタンを3秒長押し、すると”ブルッ”と震える(加熱開始の合図)
    3. 40秒くらい待つとまた”ブルッ”と震えるので、そしたら吸って良いという合図
    4. お楽しみください(説明書にそう書いてある)
    5. 約3分30秒で終わり、終了の合図としてまた震えるので、終わったらネオスティックをまっすぐ引き抜く
    6. 後は燃えるゴミとしてそのままゴミ箱に捨てる(火事の心配なし!)

    なるほど、満充電で30本連続で吸えるとのことですが、1本あたりの持続時間がアイコスより短いです。
    確かアイコスは「14服吸いこむ」「約6分経過する」のどちらかの条件を満たすことで終了します。

    対してglo(グロー)は「〇服吸い込む」という制限は無いにしろ、3.5分とやや短めな設定です。
    となると、たばこのパッケージが40円安いのも納得できます。

    個人的には、1本で2回以上吸うという「ルール度外視」した方法で楽しむので大丈夫ですが、通常の楽しみ方では物足りないかもしれませんね。

    唇にくっ付いてそのままネオスティックが抜ける事故を防ぐ

    普通のたばこみたいに唇から話すと、ネオスティックだけ唇に引っ付いて本体から抜けたりします。
    防止策として、意識して口を少し開いてから離せばOK。

    慣れたら無意識で行えます。

    ※この吸い方は危険です

    他のブログ様で、「吸いながらネオスティックを少し本体から抜くと吸い応えが増す」と紹介されていました。

    吸いこむごとに微妙にネオスティックを抜く
    あくまで感覚に頼るしかないのですが、1吸いごとに0.1mmぐらいの感覚でネオスティックを本体から抜く方向にずらしていきましょう。

    引用:初心者向け「グロー(glo)」の本当の吸い方、うまい吸い方 – ブログ作成ボタンを押しちゃった

    しかしこの吸い方は危険です。

    記事中にあるように、ちょっとずつ抜きながらディープキスのように深く吸い込むと、確かに吸い応えは増しますが、それは「フィルターを通してないダイレクトな煙も一緒に吸い込んでいるから」であり、健康的に良ろしいとは言えません。

    試しにフィルターを外してダイレクトに吸ったことがありますが、加熱式たばこのそれとは別格の吸い応えがありました。
    もちろん味は最悪です。

    ちょっとずつ抜いて吸うと、フィルターを通してないたばこ葉の部分からの成分も若干ですが紛れ込むため、その側面からの煙のおかげで確かに重く感じます。
    その分健康被害も増えることが予測されるため、個人的にはおすすめしません。

    「フィルター外して吸った時の味」も若干紛れ込みました。

    一度や二度ならそう大した被害は無いでしょうけど、継続的にフィルター外の煙を吸い込むのは控えた方が良いでしょう。

    glo(グロー)のイメージ集

    gloスターターキットの中身一覧
    gloスターターキットの中身一覧
    ネオスティック - ブライトタバコの吸い口拡大
    ネオスティック – ブライトタバコの吸い口拡大
    ネオスティック - ブライトタバコの先っぽ
    ネオスティック – ブライトタバコの先っぽ
    電源ボタンを押してみた。リングの3/4が光っているが、残バッテリーがだいたい70%くらいという意味
    電源ボタンを押してみた。リングの3/4が光っているが、残バッテリーがだいたい70%くらいという意味
    glo本体の下部
    glo本体の下部
    クリーニングする時はここを開きます。
    クリーニングする時はここを開きます。
    glo専用クリーナーブラシ
    glo専用クリーナーブラシ
    glo専用クリーナーブラシにもgのロゴ入り
    glo専用クリーナーブラシにもgloのロゴ入り
    ブラシはこういう風に貫通するのでクリーニングしやすい
    ブラシはこういう風に貫通するのでクリーニングしやすい
    充電器はこんな感じで使う。ミニusbタイプなので、この手のコードは何かの付属品で余りまくる人も多いのでは?
    充電器はこんな感じで使う。ミニusbタイプなので、この手のコードは何かの付属品で余りまくる人も多いのでは?
    AC電源用の変換アダプターもgloのロゴ入り
    AC電源用の変換アダプターもgloのロゴ入り
    こういう感じでネオスティックを差し込んでいきます。
    こういう感じでネオスティックを差し込んでいきます。
    根本の線が見えなくなるまで差し込む
    根本の線が見えなくなるまで差し込む

    glo(グロー):まとめ

    久しぶりに喫煙所を利用することになりましたが、仕事中に適度に休憩する理由ができるっていいですね。
    もちろんたばこを吸ってなくてもある程度自由に休憩できる社風ではありますが、「じゃあ何をすればいいの?」という問題は結構付いて回ります。

    正直、たばこを吸い始めたことによる罪悪感は半端ないですが、黄昏時にビルの6階から景色を見下ろしながらの一服は最高です。
    もし誰も来ないと分かり切ってるなら、glo(グロー)も何も吸わずにただボーっとしてたいんですけど、もし私がそういう奴と一緒の空間にいたらちょっと怖いです。

    そういう意味でも、glo(グロー)は最高のエクスペリエンスを提供してくれたと思ってます。

    ちなみにですが、僕はコンビニを5件巡ってやっと手に入れました
    4,980円。

    最初の4件では「もう入荷の予定すら経ってないですね」とあしらわれ、最後のファミマで、「毎週金曜くらいに入荷してますが、それでも1個来るか来ないかという程度ですね」と言われ、その時たまたま残ってたラス1のglo(グロー)を売ってもらいました。

    Amazonで7,500円とかで販売されていたので、とても嬉しい買い物でした。
    なんか、子供の頃に何件もGEO回って、ゲームボーイアドバンスを手に入れた時くらいの嬉しさでしたね。

    glo(グロー)は僕にとって最高のおもちゃです。





    Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    だいたいの人におすすめの記事

    この記事をこねた人

    前原と申します。
    当ブログは、毎日の妄想や生き方、疑問や感動した映画、音楽、ゲームなど、いろいろまとめてる雑記です。
    目指せ1日10,000pv
    【職業】web諸々
    【趣味】考えをまとめる
    【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
    【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

    音源公開してます。
    youtubeチャンネル