新着エントリー

ブログ運営主について

福岡散歩ブログ

サイト名を「放置区域」に変更しました

【60点】お化け屋敷かよ「ラストシフト/最期の夜勤」評価と感想

本日のおすすめ記事

【75点】ネトフリ独占タイムパラドックス映画「嵐の中で」評価と感想【Netflix】

目が覚めたら、自分の人生がまるっきり別のモノに・・・?Netflixオリジナル作品「嵐の中で」を鑑賞しました。 いつも通りネタバレ...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

ネットフリックスで「ラストシフト 最期の夜勤」という映画を観ました。
そこそこ面白かったのでレビュー記事を書きます。

※当記事は
「ラストシフト 感想」
「ラストシフト レビュー」
「ラストシフト 評価」
などのワードで検索される方におすすめです。

作品情報

公開年2014年
原題Last Shift
上映時間87分
製作国アメリカ
監督アンソニー・ディブラシ
脚本アンソニー・ディブラシ、スコット・ポイリー
ジャンル ホラー(びっくり系)
主要キャスト ジュリアナ・ハーカビ
ジョシュア・マイケル
J・ラローズ
メリー・ランクフォード
ナタリー・ビクトリア
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ

新米警官のジェシカの初仕事は「旧庁舎の宿直」。
しかし勤務中は旧庁舎は怪奇現象の連続で、ジェシカは神経をすり減らしていく・・・。

【ネタバレ無し】感想

まず感想を書きますが、ストーリーはほぼ無いに等しく、しかしホラー要素は極上です。
「新米の女警官」を主人公にすることで鑑賞者に中々の心細さを与えています。

本作はとにかく「ポルターガイスト」の連続で「サスペンス要素」はゼロです。
「旧庁舎は呪われている」という説明はありますが、ただそれだけ。

ホラー演出を何かに例えるならそれは「フリーソフトのホラーゲーム」がピッタリですね。
僕自身フリーホラーゲームはやったことがありませんが、昔実況動画などで漁ってました。

フリーホラゲによくある
・さっきまでそこに無かった置物がある
・急にビックリさせてくる
・ポルターガイスト
などがとにかく発生します。

そして良くも悪くもそれにビックリするだけの映画です。

【ネタバレ有り】感想

旧庁舎は「1年前猟奇的殺人を犯したカルト教団」の呪いがかかっています。
そしてそのカルト教団と主人公の父親は深い関わりがあります。

主人公の父親は警察官で、1年前にカルト教団に殺されました。
この解説が作品中盤にあるので、「もしかしたらこの事件において隠された謎があって、ジェシカはそれを最期に知ることになるのでは?」と期待しましたが、話は何も進みませんでした。。

ただただ「カルト教団」+「カルト教団に殺された女の子たち」がジェシカを脅かして終わります。

また、ジェシカが終始落ち着いているのも不思議でした。

最初は怪奇現象もちょっとしたものなので「ま、見間違いか」みたいなリアクションですが、次第にエスカレートしているのジェシカは割とクールです。

これについても「もしかしたらシックスセンス的ななにかで、ジェシカはアッチ側なのでは?」
と深読みしていましたが、決してそういうことでは無かったようです。
残念。

ホラーゲームですら軸のストーリーがあってそれを追っていくのが楽しいのに、映画である「ラストシフト」にストーリーが無いのは少し肩透かしを食らいました。

しかし脅かし方は一級品です。
画面のフチで見えるか見えないかのところや、吸っているたばこが地味に長くなっていたりなど細かい演出もあります。
もしかしたら僕も気付かずに見落としてる演出もあるかもしれません。

しかし後半の激しさを増すホラー演出は少しクドいですね。
もはやちょっとギャグに見えんことも無いシーンもあります。

ホラーは一歩間違えるとギャグに見えてしまうことがありますが、それは特に時を重ねることで増します。
古い映画のホラー演出など、現代では通用しなかったりします。

ラストシフトも若干その気があり、2014年の映画にも関わらず、2017年の現時点でちょっと古臭く感じるシーンがあります。

レビュー まとめ

 

60点

いろいろ書きましたが、そこそこ面白いので見て損は無いと思います。
グロイメイクなども良い感じです。

しかしストーリーがほぼ無いので、「見終えた時の満足感」が皆無です。

また、ジェシカが逃げずに旧庁舎にとどまる理由も、「これが初任務で、この任務から逃げたら警官の道が閉ざされる」というもので、動機付けが甘いなと感じました。

ラストは「幻覚でつい人を殺してしまった」というオチで、何も衝撃がありません。

個人的にスティーブンキング原作の「1408号室」という映画が似てると感じました。
1408号室でも本作と同じように、「主人公が一人でポルターガイストと戦う」という内容でしたが、あっちは主人公のトラウマや葛藤が含まれており、中々ドラマティックな内容でした。

また適度に”伏線”が序盤にあることで、後になってそれが判明する瞬間に快感も覚えます。

故に見終えた後の満足感が半端ないのですが、ラストシフトはそれがありません。
鑑賞中はそこそこ楽しいですが、鑑賞後に「人に勧めたくなるか」と言われたら微妙です。

レビュー
レビューした日
レビュー作品
ラストシフト/最期の夜勤
総合評価
31star1star1stargraygray




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【75点】ネトフリ独占タイムパラドックス映画「嵐の中で」評価と感想【Netflix】

目が覚めたら、自分の人生がまるっきり別のモノに・・・?Netflixオリジナル作品「嵐の中で」を鑑賞しました。 いつも通りネタバレ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
日常のクッソどうでもいいことが、鬼のように幸せに感じられる性格をしています。

なので思い切って「人生は映画だ」というテーマでブログを始めました(厳密には途中でそういうテーマに切り替えました)。
些細な毎日がどれだけ素晴らしいかを、いわゆる「引き寄せ系アラフォーブロガー」等とは違う路線で伝えられたらと思ってます。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考