ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

なぜ映画は年々面白くなるのか?5つの理由

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

皆さん、映画観てますか。
たぶん観てると思います。
僕も観てます。

そして僕は思いました。

「なぜ映画は年々面白くなっているのだろうか?」と。

その理由を自分なりに考えてまとめてみました。

※当記事は
「映画 面白い」
「映画 面白い 理由」
などのワードで検索される方におすすめです。

映画が年々面白くなる理由

理由①監督が成長している

一流の映画は、一流の監督が撮影しています。

ジェームズ・キャメロン
スティーブン・スピルバーグ
クリストファー・ノーラン

これは個人的に好きなA級監督たちです。

彼らは既に卓越した能力を持っており、成長しきっているように思えます。
しかし彼らは今も尚成長しているはずです。

 

例えばスポーツの世界では、定期的に「世界記録」が更新されます。

人間の能力には限界があるはずなのに、なぜ進化を続けるのか?
そこには「成長の為の最適化」があるように思えます。

練習メニューひとつ取っても、昔よりも、今のメニューの方が効率的なはずです。
そして摂取する食事等も研究され、昔に比べ良くなっているはずです。

そんなわけで、スポーツ選手も日々成長しているのだと思います。

監督たちもきっとそうです。
映画界に存在する他の監督の影響を受けまず成長します。

そして、自分自身作品を作り続ける度に成長を繰り返します。
前回も経験した事なら今回は模索する必要が無くなるため、そのリソースを違うところに当てられます。

創作物の世界では、過去の実績に対し大抵の人が「ここを改良したい」と考えることになります。
当時「完璧な状態で世に出した作品」に対し、今の成長した自分が「もっとこうできた」というアイディアを思いつくのは当然です。

というわけで、映画監督自身が成長していることで、映画はどんどん面白くなっているのでしょう。

理由②映像技術の進化

映像技術の進化も、当然「作品の面白さ」を促進させています。
特にCGの進化は素晴らしいですね。
まだ特撮しか無かった頃と比べると、現代の映画界は没入度の高い作品ばかりになったように思えます。

正直、「CGのクオリティーの高さ」は既に天井まで来てると思います。
しかし映像ソフトの進化や一般化によって、「そこそこのCGなら低予算映画でも使える」という時代となりました。

そんなわけで、低予算のアクションやSFなんかでも、極上のCG映像が楽しめるようになったのです。

これは「映画界の成長」の中でもかなり重要な部分だと思います。

理由③お決まりの展開を「前提」として扱える

 

ちょっと小難しい見出しですが、分かりやすく解説します。

映画や音楽などの創作物はアイディアが大切です。
既存の映画で使われているアイディアを使いまわしても、鑑賞者は既視感があり楽しめません。

しかしそれを「前提のアイディア」としてしまうことで、わざとそれを裏切る脚本を書くことができます。

例えば主人公が敵にマウントされ首を絞められているとします。
映画終盤にある絶望的な瞬間で、誰もが一度は見たことがある展開です。

敵が主人公の首を絞めるのに夢中になっている際、主人公は横に落ちている大きめの石の存在に気付きます。
でも敵は気付きません。

敵は主人公の首を絞め続けます。
そして主人公は手を伸ばしその石を取り、石で敵の頭を殴ります。
形勢逆転。

この手の「お決まり」は、並みの鑑賞者なら見飽きています。
そしてその事も当然製作陣は知っています。

であれば、「主人公が石を取ろうとしたらその事に敵が気付き、敵がその石を拾っている隙を突いて主人公が逆転する」という少々小難しい展開も可能となるわけです。

そして鑑賞者である我々はそれを見て「そう来たか」と感じ、「裏切り」を楽しむことができるのです。

映画の世界は、「お決まり」があればあるほど「裏切り」を量産できるので、それにより鑑賞者を楽しませることが出来ます。

 

そしてその「お決まり」は映画作品の数に応じて増えるわけで、これにより裏切りも量産できるのです。

理由④なんだかんだ「トレンド」を追ってるから面白く感じる

デザインや音楽の世界にトレンドがあるように、映画界にもトレンドはあります。
それはただ単に「ジャンル」である場合もありますし、撮影技法や編集の場合もあります。

ホラー映画「SAW(2004)」が公開された後、ホラー業界はしばらく「SAW」に影響を受け続けていました。

オシャレで急な場面転換。
重苦しいヘビーロックなBGM。
そして、特定のルールに縛られた中で生き残るという理不尽な状況。

正直、僕は当時のホラー映画界が好きでした。
それは「SAWのような作品が好きなので、そういう作品が量産されるのが嬉しい」というミーハーな理由です。

そして今、そういうトレンドを追った作品は大抵朽ち果てています。
また新しいトレンドが発生するためです。

このようにトレンドが年々移り変わることによって「新しい映画の方が面白い」と我々が感じるのではないでしょうか。

もちろんスティーブン・スピルバーグのようなA級監督の作品はトレンド無関係ですが、マイナーなB級作品は、結構トレンドを追ってるように思えます。

理由⑤鑑賞者のレベルが上がってる

「映画を観た本数」というのは、増えることはあっても減ることはありません。

「数多くの映画を見る」ということは、それだけ鑑賞者もレベルが上がってるはずです。
そんな高レベルな鑑賞者は、映画に対する期待値も当然上がります。

 

すると、映画業界はそれに応えないといけませんから、より面白い作品を作る必要に迫られます。

「面白い作品を作らなきゃ」とはどの監督も考えている事でしょうが、それは
・他の監督に負けたくない
・過去の自分に負けたくない
だけでなく、「年々レベルが上がってる鑑賞者を楽しませる必要がある」という理由も含まれているはずです。

まとめ

「なぜ映画は年々面白くなるのか?」を自分なりにまとめてみました。
面白くなる理由は他にもあるでしょうし、当記事の内容の中には見当違いのものもあるでしょう。

また、「不朽の名作」と呼ばれるものもあります。
実際に僕が個人的に大好きな作品は、2007年に公開された「Sunshine2057」という映画です。

「作品のクオリティー」は確かに年々上がってますが、自分にとっての最高の作品は永遠に色褪せません。

これも映画業界の魅力のひとつだと思います。



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【SAWシリーズ】「好きな被験者ランキング」TOP10を発表するよ

こんにちは。ぱっかんです。 僕はSAWシリーズが好き過ぎて、SAW ~ SAW3D(ソウ・ザ・ファイナル)まで何度も何度も観てます。 ...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル