新着エントリー

ブログ運営主について

福岡散歩ブログ

サイト名を「放置区域」に変更しました

【Netflix】人気漫画を韓国が実写化「人狼」感想。

本日のおすすめ記事

【Netflix】「ラブ、デス+ロボット」感想。暇つぶしに最適

Netflix独占CGアニメ作品「ラブ、デス+ロボット」の紹介記事です。 とりあえず2話まで観た直後に執筆してます。最初に伝えてお...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

Netflixオリジナル作品「人狼」のネタバレ無し感想記事です。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「人狼 ネットフリックス」
「人狼 映画」
「人狼 韓国 映画」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2018年
原題인랑
上映時間139分
製作国韓国
監督キム・ジウン
原作人狼 JIN-ROH(Jin-Roh: The Wolf Brigade)
ジャンル SF、アクション、サスペンス
主要キャスト カン・ドンウォン
ハン・ヒョジュ
チョン・ウソン
キム・ムヨル
ハン・イェリ
ミンホ
シン・ウンス
キム・ポプレ
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

2029年、統一が宣言された朝鮮半島で、過激なテロ集団と戦い続ける警察特別部隊、人狼。だが彼らはまだ知らない。敵はテロリストだけではないということを。

引用:Netflix

〇みどころ

・原作漫画を忠実に再現した設定・脚本

・大量の予算をつぎ込んだであろう作り込まれたビジュアル

・原作とは違うラスト

【ネタバレ無し】感想

※原作未見です

結構難解な印象を受けました。
登場人物が韓国人なので、韓国名が苦手な僕にはスッと人物の名前が頭に入ってきません。(アホなんです)

だから鑑賞後に「原作漫画の解説記事」を読んでストーリーを補完しました。
(映画版のストーリーは原作に忠実なようです)

しかし、「なるほどあれはこういう事だったのか・・・」という新しい閃きは特に無く、意外と「観たままの認識」で合ってました。

僕の認識では、ストーリーに派手さは無く地味
ひたすら地味。

言い方を変えれば「リアル」

本作は政治的な話が非常に色濃く描かれており、そこがまず難解です。

また、童話の「赤ずきん」の話も登場しますが、僕にはその話の意味が良く分かりませんでした。
しかし原作が大人気であることを考えると、恐らくしっかりとした比喩表現になってるものと思われます。
きっとその地点に自分で到達できたら相当感動できるのでしょう。

 

今のところその辺りを考察する気力は沸きませんが。

ビジュアル面は素晴らしかった

Netflix独占作品「人狼」:少し退廃した街の再現度が高い
少し退廃した街の再現度が高い

序盤は舞台設定を伝える為か引きのショットが多く、その時の「金かかってるなぁ」感は凄まじかった。

こういう退廃的な近未来設定が大好きなので、このビジュアルが思う存分楽しめただけでも僕にとってはヨダレもんです。

それにアクションシーンも結構なこだわりが見受けられ好印象。

Netflix独占作品「人狼」:派手なアクションシーン
派手なアクションシーン

「特機隊」と呼ばれる部隊はパワーアーマーを装着し戦います。
そのアーマーの無敵感も中々のものでしたが、どちらかと言えばアーマーを脱いだ生身の人間が戦うシーンの方が好きでした。

登場人物が魅力的

Netflix独占作品「人狼」:カン・ドンウォン(左)とハン・ヒョジュ(右)
カン・ドンウォン(左)とハン・ヒョジュ(右)(役名では無く俳優名)

登場人物の名前が頭に入ってこなかった為人物整理が大変でしたが、役者さんたちの素晴らしい演技のせいか、一人ひとりのキャラクターが非常に魅力的でした。

特にヒロインの「ハン・ヒョジュ(役者名)」は、韓国映画にありがちな「超絶美人」系の顔立ちでは無くどこか素朴な印象を受ける面持ちなので、そこがなんとなく良かった。

評価・まとめ

 

原作やアニメ版のカットを再現したシーンもあるようなので、原作ファンの方が観たらきっと堪らないと思います。

僕の体質には少し受け付け辛い作品でしたが、Netflix独占作品として、こういう高品質なタイトルがリリースされるのは本当に嬉しいですね。




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【Netflix】「ラブ、デス+ロボット」感想。暇つぶしに最適

Netflix独占CGアニメ作品「ラブ、デス+ロボット」の紹介記事です。 とりあえず2話まで観た直後に執筆してます。最初に伝えてお...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
日常のクッソどうでもいいことが、鬼のように幸せに感じられる性格をしています。

なので思い切って「人生は映画だ」というテーマでブログを始めました(厳密には途中でそういうテーマに切り替えました)。
些細な毎日がどれだけ素晴らしいかを、いわゆる「引き寄せ系アラフォーブロガー」等とは違う路線で伝えられたらと思ってます。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考