ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

Netflixオリジナル作品の特徴

本日のおすすめ記事

【COD:BO4】僕が「ブラックアウト」にドハマりしてる7つの理由

10月12日に発売された「Call of Duty Black ops4(ブラックオプス4)」ですが、これがまた良い感じに面白いです。 ...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 7 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

僕はネットフリックスに登録しており、Netflix独占作品を積極的に鑑賞しています。
そして最近「ネトフリ独占作品の共通点」に気付いたので、それをまとめていきます。

※関連記事は記事の最後でまとめて紹介します

※当記事は
「ネットフリックス独占作品」
「ネットフリックスオリジナル」
「ネトフリ独占 特徴」
などのワードで検索される方におすすめです。

ネットフリックス独占作品って?

ネットフリックスのみで配信されている作品のことを言います。

Netflixでは、コンテンツプロバイダと提携して、様々な映画やドラマのストリーミング権を取得しています。

さらに、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック、ストレンジャー・シングス 未知の世界」、「ボージャック・ホースマン〜馬はつらいよ」、「アンブレイカブル・キミー・シュミット」など、数多くの作品の自社製作、または独占配信権の取得も行っています。これらの作品はNetflixオリジナル作品と呼ばれています。

引用:Netflixはどのように映画やドラマのライセンスを取得していますか?

ネトフリ独占作品には2つあります。

①ネットフリックスが制作に携わっているもの(ネットフリックスオリジナル作品)
②制作は別のところで行われたが、配信の権利だけネットフリックスが買い取ったもの(ネットフリックス独占作品)

女性囚人をメインにした連続ドラマ、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」という作品は、今は市販やレンタルDVDでも鑑賞できます。
しかし、制作自体はネットフリックスが自社制作したもので、「ネットフリックス独占」では無いですが、「ネットフリックスオリジナル作品」ということになります。

②は、「アナイアレイション」のように、元々は映画公開されるはずだったのに、(製作陣と配給会社がトラブってる隙に)Netflixが映画公開権を買い取り、独占配信するようになった作品のことを言います。

だから厳密には「ネットフリックスオリジナル」と「ネットフリックス独占」は意味が違うのですが、今回は同じものとして扱います。

 

ちなみにアナイアレイションは神作です。

というわけで、ネトフリ独占作品の特徴を書いていきます。

ネトフリ独占作品の特徴①視覚効果は凄い

「配信サイトの独占作品なんて、予算があんまり無いんじゃないか」と、思いながら最初は見てました。

確かに、低予算で作れそうな、ロマンス系、ドラマ系の作品もたくさんあります。

しかしネトフリ独占作品の大半は、SF、アクションもので、大量の予算を投じていることが分かります。

 

あまり評判は良くなかったようですが、ウィルスミス主演の「ブライト」や、ブラットピット主演の「ウォー・マシーン」など、大御所の俳優を起用してる場合もあります。

だから「ビジュアル的な部分」での予算の投じ方は凄まじいものと思われます。

「ビジュアル的な部分」に限定しているのは、恐らく話題性アップの目的がある為と思われます。

高クオリティーのCGの使用や有名俳優の起用は、クオリティーの高いトレイラーを作ることができ、ネットフリックスの会員数増加に役立ちます。

個人的な推測ですが、「ネットフリックス外の人を引き寄せる為」にビジュアル的な部分に予算を投じてるんだと思います。

ネトフリ独占作品の特徴②脚本が微妙な率が高い

 

ヴィジュアル面で予算を使い果たしたせいか、脚本がイマイチな場合が多いです。

個人的に「視覚効果は凄いのに脚本がもったいない!」と感じた作品は以下です。

すべての終わり
TAU(タウ)
CARGO(カーゴ)
ザ・レイン

他にもありますが、最近鑑賞した中ではこの辺りです。

ネトフリ独占作品は、予算が膨れ上がりそうなSF、アクション、世紀末モノが割と多いですね。
僕はこの手のジャンルが凄く好きなので、超絶楽しみにしながら鑑賞しますが、見終えた後の満足感はそこまで高くありません

たぶんこれは、脚本、監督、演出の手腕がイマイチなせいです。

ただ、良くも悪くもB級作品なので、「レンタルビデオ屋に並んでた、パッケージだけ面白そうな作品」という位置づけで観ればまぁまぁ納得できます。

ネトフリ独占作品の特徴③稀に神な和製作品がある

 

僕だけがいない街」という神ドラマ。

この作品は漫画原作で、こちらもすごい人気ですね。
アニメ化もされており、こちらも人気が高いようです。
実写映画化もされたようですが、こちらは不評でした。

そしてネトフリ独占の連続ドラマ版は、かなり評価が高いです。

脚本も完璧でしびれましたが、映画のような作りで、音楽、演出等も含めグイグイ引きこまれました。
あと、これは興味の無い人も多いと思いますが、4Kカメラで撮影されたという北海道の映像は本当に、本当に美しく、そのキメ細やかな映像にも心奪われました。

そして最近「グラップラー刃牙」のアニメ版も独占配信されました。
こちらも中々面白いです。

僕は「僕街」も「バキ」もどちらも原作未見なんですが、レビューを見る限り、原作大ファンでもしっかり楽しめているようです。

余談ですが、和製アニメなどの作品は、ネトフリが企画して、それを別の製作会社に委託する場合が多いそうです。
そして制作に関してネトフリ側の担当はほぼ口出しせずその制作会社に任せるスタンスのようで、そういう開放的な現場だからこそ、高クオリティーのものが作れるのかもしれません。

「ジャニーズを起用しろ」とか「主題歌はこのアーティストにしろ」とか、そういうのが無くなるだけで、日本の映像業界も素晴らしい作品で溢れかえるのかもしれませんね。

ネトフリ独占作品の特徴④海外ドラマ作品が多い(特にサスペンス)

多い。
ちょっと多過ぎます。

「刑事が主人公」系のサスペンスものが非常に多く、「ネトフリ独占新着動画」として紹介されても、全く目新しさを感じなくなりました。

 

やっぱりアメリカ兼では、この手のドラマ人気が根強いのでしょう。

そしてさらに厄介なのが「どの刑事ドラマも評価がやたら高い」ということ。

全てを鑑賞するのは時間的にマジで不可能なレベルなんですが、レビューだけを見てみると、どのサスペンス作品も高評価です。
そんなハイクオリティな作品を独占配信し続けるネットフリックス。
結構ヤバいです。

ネトフリ独占作品の特徴⑤吹き替えを外さない

「吹き替えを外さない」なんて、映画における最低条件だと思ってます。
しかしアベンジャーズなどの有名作品の場合、話題性アップのために声優経験の無いタレント、俳優等を起用し、作品にのめり込めなくなる場合が多いです。

さて、ネットフリックス作品の場合、吹き替え声優のキャスティングを外すということが絶対にありません
いや、全て見たわけでは無いので「絶対」とは言い切れませんが、ほぼありません。

「声優のクオリティが高いならネットフリックスに登録しよ!」という人はいないと思いますが、これは間違いなく独占作品の特徴の一つです。

ネトフリ独占作品の特徴⑥ファンサービスが熱い

う~ん。該当するのが1作品だけなのですが、どうしても伝えたいので伝えさせてください。

sense8(センス8)という独占作品があり、僕が神作認定した作品です。(何様)
しかし実は、sense8はシーズン2で打ち切られかけた作品であり、実際にその事実から、鑑賞者数はそう多くなかったものと思われます。

ちなみにシーズン2の最終話は、かなり引っ張る終わり方で、明らかに次回作を匂わせていました。
そんな中の打ち切りだったので、sense8ファンはかなり不満を抱いていたと思います。

しかしファンが署名運動をしたとかなんとかで、sense8のラストエピソードが、2時間枠の長編映画として配信されました。
しかも高額の予算を投じたであろう最高クオリティ!

一切の妥協が無く、何の引っ張りも無く、完璧なクオリティで締めくくりました。

 

sense8の存在、そしてアプローチは、ネットフリックスそのものの好感度を上げたと言っても過言ではありません。

ネットフリックスは有料の配信サービスなので、基本的には「既存会員の継続」を大事にする必要があります。
そのせいか、ファンの要望にもちゃんと応えてくれます。

Netflixオリジナル作品の特徴:まとめ

こんな感じです。

大手映画配信サイトでは、そのサイトの独占作品が大抵あると思いますが、数ではネトフリが圧倒しています。

逆に「ネトフリ独占作品ばっかで、一般公開の映画はあまりないんじゃないの?」と思われそうですが、もちろんそんなことはありません

一般公開された映画でも、独占配信権は買い取ったもの勝ちなので、Huluのみで配信されるものや、ネトフリのみで配信されるものもあります。

 

そしてその数はほぼ互角です。

Hulu等は「一般公開された作品を出来るだけ早く買い取る」という戦略のようですが、ネットフリックスもそういうスタンスを取ることもありますし、既存作品数の量も圧倒的です。

こんな事を言うのもアレですが、HuluやU-NEXT等の配信サービスはアフィリエイトとしても紹介されている為、その収益狙いでHulu作品等を紹介するブロガーさんも多いです。

しかしネトフリは、現時点ではアフィリエイト紹介をしていません。
だから、ブロガーがどれだけネトフリ作品を紹介しても、ブロガーサイドに収益はありません。

にも拘わらず、ネトフリ作品について執筆してるブロガーさんは多いです。
それだけサービスの質が良く、愛されてるんだと思います。

というわけで、ネトフリ、お勧めです。



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【COD:BO4】僕が「ブラックアウト」にドハマりしてる7つの理由

10月12日に発売された「Call of Duty Black ops4(ブラックオプス4)」ですが、これがまた良い感じに面白いです。 ...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル