ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

【85点】ピクサークオリティのCGロボアニメ「ネクストロボ」評価と感想【Netflix】

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

Netflixオリジナル作品「ネクストロボ」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は記事の最後でまとめて紹介します

※当記事は
「ネクストロボ 感想」
「ネクストロボ ネットフリックス」
「ネクストロボ 映画」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2018年
原題未来机器城 Next Gen
上映時間
製作国中国・カナダ合作
監督ケビン・アダムス、ジョー・クサンダー
脚本ケビン・アダムス、ジョー・クサンダー
ジャンル CGアニメ、SF、ファンタジー、キッズ
主要キャスト(声優) シャーリン・イー(メイ)
ジョン・クラシンスキー(7723)
ジェイソン・サダイキス(ピン)
デビッド・クロス(ライス博士)
コンスタンス・ウー(モリー)
マイケル・ペーニャ(モモ)
山根舞(メイ)(日本語吹き替え)
鈴木達央(7723)(日本語吹き替え)
藤原啓治(ピン)(日本語吹き替え)
森久保祥太郎(ライス博士)(日本語吹き替え)
劇団ひとり(モモ)(日本語吹き替え)
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

戦うハイテクマシン、それが私のお友だち。いじめっ子に仕返ししたあとは、たくさん遊ぶんだ。あとはいっしょに世界を救うの!

引用:Netflix

あらすじだけを読むと、明らかにキッズ向けの幼そうな内容ですが、意外と面白かった

主人公のメイと、他とは違う特殊なロボット「7723」との絆の描き方はもちろんですが、ラストの戦闘描写こそ最高のみどころです。

【ネタバレ無し】感想

いやマジで意外と面白かった。
もっと話題になっていい出来だと思います。

レビューサイトでも星2と低めですが、映像のクオリティーも高いし、最後の戦闘シーンのシリアスさ、演出は最高レベルだったと思います。

序盤 ~ 中盤にかけての、「ロボット嫌いの少女と人間らしいロボットとの絆」は、至って普通というか、凄く在り来たりです。
でも全然OK。

 

ターゲットは明らかに子供だし、その辺は許容しながら見る必要があるでしょう。

映像は、ディズニーピクサーに匹敵するくらい滑らかでした。

信号
信号
ハイウェイ
ハイウェイ
メイと7723の初対面シーン
メイと7723の初対面シーン

色彩豊かなこれらの映像を見ているだけで落ち着く。
本当に素晴らしい出来です。

日本語吹き替え声優には、「劇団ひとりさん」がしれっと参加しているようですが、特に違和感は感じませんでした。
上手なお仕事をされていたと思います。

序盤が退屈に感じても、必ず最後まで鑑賞してください。
途端に「ハイスピード・ロボット・アクション」に様変わりします。

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

【ネタバレ有り】感想

基本的な内容は、「メイ」「7723」との友情もの。
父親が家を出ていき、常に寂しがっているメイ。
そんなメイは学校でも孤独を感じており、友達も特にいない。

母親に連れられ嫌々参加したロボットの新作発表会にて、たまたまバックヤードに入ってしまい、開発途中の7723と出会います。

ロボット嫌いのメイは、「なんだお前!」みたいに突っぱねますが、ロボット側はメイに興味津々。

という在り来たりな感じな導入部分。

 

「在り来たりさ」は終盤までずっとありますが、王道的展開なおかげで分かりやすく、頭空っぽでも鑑賞できます。

良い点:とにかく映像がキレイ

グラウンドでのバトル
グラウンドでのバトル

めちゃくちゃキメが細かくて、映像を見ているだけで癒されます

個人的に嬉しかったのが、メイ達が住んでいる世界の下側が、何故かゴーストタウンになっていたことです。
まるでスラム街のような街並みでしたが、そこに人は住んでいません。

廃墟のシーンが良い
廃墟のシーンが良い

廃墟好きな僕としては、そういう廃れた無人の街を、高精細なCGで観れるだけでもヨダレもんです。

良い点:吹替が合っていた

「日本語吹き替え声優としてタレントを起用する」という前情報を仕入れていました。
そしてたいがい、タレント起用の作品は違和感があって失敗します。

だから不安でした。

でも本作のタレント起用は「劇団ひとり」さんだけだったし、しかもちゃんと合っていたので、凄く安心して観れました。
(セリフが少ない”犬役”だったのが良かったのかも)

その他、アイアンマンでおなじみの藤原啓治さんが出演していたりと、声優陣は中々豪華です。

 

メイの声優は「山根舞」さんで、この方はネトフリの人気作「13の理由」「ハンナ・ベイカー」の声も演じています。

「13の理由」の作品としてのインパクトと、あまりにハンナにハマっていた為、本作鑑賞中もどこかでハンナを思い出すところがありました。

ともかく、声優は完璧です。
ただ、キッズ向けの作品のためか、ところどころ「ピー」音でセリフが隠されることが多かったですね。
そこだけちょっと気になりました。

良い点:ラストでちゃんと「7723」の記憶が消されていたのが良かった

最強ロボの7723には致命的な欠陥があり、それは、「定期的に記憶を消して、メモリを確保しないとシステムが壊れる」というものです。

そのせいで、7723は中盤で「コアシステム」の一部である「武器システム」を削除します。

これにより7723は戦闘能力が著しく落ちるのですが、最終的に「今まで大切に保管していたメイとの思い出」を全消去することで、武器システムを復活させます。

今まで散々敵の凶悪ロボにやられていた7723は、ここから逆転します。
そして戦闘中、そのバックグラウンドで描かれる「メイとの思い出が失われていく描写」が凄く良かった・・・。

 

でも地味に怖かったのが「記憶は実はクラウドでバックアップが取ってあり、最終的にメイとの思い出も蘇る」という展開です。

しかし、ちゃんと記憶は消されたまま終わりました。

もちろん、記憶が蘇った方がハッピーエンドでしたが、やっぱり思い出を忘れたままの方がシリアス度は上がります。

今までメイと一緒にいろんな思い出を作ってきた7723はもうそこにはおらず、新しい人格の7723に色々教えてあげるメイ。

ポップな終わり方でしたが、中々グッと来るものがありました。

評価・まとめ

 

85点

秀作だったと思います。
ネトフリで普段海外ドラマしか観てない方は、たまにはこういう力の抜けた作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル