ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

【一眼レフ・夜景】福岡市内のとあるマイナー展望台に行ってきた

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 7 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

最近寒いですね。
おかげで夕方からの散歩が捗ります。
クソ暑い時も散歩はしてましたが、この季節の方がとても楽しく感じます。

さて今回は「展望台」に行ってきたので、単純にそこで撮った画像をこの記事で放出します。

展望台の住所は「福岡県福岡市南区大池2丁目18−53」です。
「平和南緑地保全地区の展望台」と呼ばれてはいますが、「〇〇展望台」のように固有名詞が無いみたいですね。

カメラは一眼レフのD5200です。
へたくそです。

※当記事は
「平和南緑地保全地区 展望台」
「福岡市 展望台 夜景」
「一眼レフ 夜景」
などのワードで検索される方におすすめです。

展望台に行くまでの写真

2017年11月5日
16:30くらいに一度展望台まで歩いて行ったんですが、途中で飲み物を買うのを忘れ自販機を探しました。
しかしこの辺は住宅街。びっくりするくらい自販機がありません。
その為ちょっとした探索をしました。

展望台近くの浄水所
展望台近くの浄水所。人工的な緑が多く、いかにも開発都市って雰囲気を感じます(実際は違う)
浄水所の中を盗撮。表向きは浄水所で、実は裏で化学兵器の実験をしてないか観察。
浄水所の中を盗撮。表向きは浄水所で、実は裏で化学兵器の実験をしてないか観察。
こうやってピント遊びができるのが一眼の良いところ。フェンスに合わせてシネマチック!
こうやってピント遊びができるのが一眼の良いところ。フェンスに合わせてシネマチック!
ピント遊びが楽しい
ピント遊びが楽しい
堪りませんな。こっからの夜景もきれいそう。
堪りませんな。こっからの夜景もきれいそう。

いよいよ喉がカラカラになってきたので、自販機を探しました。

エルパーク大池ってとこに自販機あったぜ。
エルパーク大池ってとこに自販機あったぜ。
安い雰囲気のデザインの癖に、たいして安くない自販機でした。
安い雰囲気のデザインの癖に、たいして安くない自販機でした。

仕方ないので更に遠くまで歩いて、赤い自販機でコカ・コーラを買いました。
久しぶりにコーラに160円も払った。

展望台の入り口

大池の展望台(とりあえず当記事では今後”大池展望”台って呼びます)の入り口
大池の展望台(とりあえず当記事では今後”大池展望”台って呼びます)の入り口
注意事項が書かれていますが、かすれてますね。
注意事項が書かれていますが、かすれてますね。
聳え(そびえ)立っとります。なんかラスボスいそうな雰囲気。
聳え(そびえ)立っとります。なんかラスボスいそうな雰囲気。
まずどこかのヤンキーが書いた落書きがお出迎えしてくれます。個人的にはもっとカラフルな落書きが好き。
まずどこかのヤンキーが書いた落書きがお出迎えしてくれます。個人的にはもっとカラフルな落書きが好き。

夕方の大池展望台の景色

登り切ったらもうすぐに撮影開始!良い感じの夕焼け
登り切ったらもうすぐに撮影開始!良い感じの夕焼け
んんー。悪くない。
んんー。悪くない。
スモッグ感がちょっとあるけど、悪くない。
スモッグ感がちょっとあるけど、悪くない。
この木が無かったらもっと見晴らし良いのになぁと思いつつも、緑は大事だと考え直す。
この木が無かったらもっと見晴らし良いのになぁと思いつつも、緑は大事だと考え直す。
なんかパキパキしてる。悪くない。
なんかパキパキしてる。悪くない。
手すりにピント合わせました
手すりにピント合わせました
今度は背景にピント
今度は背景にピント
リップクリームにもこの景色を堪能させてあげる
リップクリームにもこの景色を堪能させてあげる
上と同じ写真ですが、F値を少し絞り、背景のボヤケ具合を少しマシにしました
上と同じ写真ですが、F値を少し絞り、背景のボヤケ具合を少しマシにしました
森と都会の背景。
森と都会の背景。
住んでる街がこんなに大きい都会だなんて知らなかった
住んでる街がこんなに大きい都会だなんて知らなかった
福岡の都会部分なんて天神や博多だけで、その他は対して面白くないと思ってた
福岡の都会部分なんて天神や博多だけで、その他は対して面白くないと思ってた
でも福岡の街はこんなに広い
でも福岡の街はこんなに広い
さっきの浄水所
さっきの浄水所
一眼なら拡大しても粗くならないから嬉しい
一眼なら拡大しても粗くならないから嬉しい
浄水所と手すりでピント遊び
浄水所と手すりでピント遊び
床は落書きがなされてます。落書き自体は良くないですけど、個人的には色彩が豊かになるのは好きです。
床は落書きがなされてます。落書き自体は良くないですけど、個人的には色彩が豊かになるのは好きです。
展望台の吸い殻
隅っこにはたばこの吸い殻があります。これもあまり良くありませんが、オープンワールドゲームが好きな僕は、こういう街のゴミも「オブジェクト」として捉えてしまうため、オブジェクト数が増えることにほんのわずか喜びを感じます
ポイ捨てはもちろんだめだけど、こういうのも悪くない
ポイ捨てはもちろんだめだけど、こういうのも悪くない
落書きされてますねー。でもとにかく後ろの景色が素晴らしい
落書きされてますねー。でもとにかく後ろの景色が素晴らしい
ただただ素晴らしい。
ただただ素晴らしい。
ちょっと日が落ちてきた
ちょっと日が落ちてきた
日が落ちてきて、全体的にグレーのフィルターがかかったように見える瞬間が一番好き
日が落ちてきて、全体的にグレーのフィルターがかかったように見える瞬間が一番好き
でもそうなるのはもうちょい後かな。
でもそうなるのはもうちょい後かな。
んー。中々おいしい時間
んー。中々おいしい時間
夕日が沈むー。
夕日が沈むー。
コーラがおいしい
コーラがおいしい

そろそろ暗くなりはじめたので、こっから先の写真は夜景としてカテゴライズします。

大池展望台からの夜景

まだ灯り足りてないけれど、この瞬間も良い
まだ灯り足りてないけれど、この瞬間も良い
手すりがキレイに見える
手すりがキレイに見える
手すりがキレイ
手すりがキレイ
すごくキレイ(手すりばっかもうえぇてぇ)
すごくキレイ(手すりばっかもうえぇてぇ)
キレイな都会の風景と、それを単なる背景にしてしまう程に強力な手すり
キレイな都会の風景と、それを単なる背景にしてしまう程に強力な手すり
最強手すり
もしこの手すりが無かったら、足がすくんでしゃがみこんでたと思います。だから手すりに感謝。
そろそろ本格的に暗くなってきた。こっから真っ暗になるまでは一瞬
そろそろ本格的に暗くなってきた。こっから真っ暗になるまでは一瞬
マジックアワーだ
マジックアワーだ
灯りだしてきた
灯りだしてきた
奥のちょっと明かりが多いところは福岡空港のようです
奥のちょっと明かりが多いところは福岡空港のようです
世紀末を感じる
世紀末を感じる
あまり派手にせず、ありのままで撮影
あまり派手にせず、ありのままで撮影
やはり手すりがキレイ
やはり手すりがキレイ
夜景はボヤけさせた方が幻想的
夜景はボヤけさせた方が幻想的
実際コンタクトで1.2くらいの僕の視力では、この一眼で撮影した写真程クッキリパッキリ見えていない
実際コンタクトで1.2くらいの僕の視力では、この一眼で撮影した写真程クッキリパッキリ見えていない
こっからシャッタースピードを意識して、一眼らしい写真を頑張ってみました
こっからシャッタースピードを意識して、一眼らしい写真を頑張ってみました
明るい夜景
明るい夜景
つい何度も夕焼けを撮ってしまう
つい何度も夕焼けを撮ってしまう
気を取り直して夜景。奥の立て続けに明るいモニュメントっぽくなってるところが何なのか気になる
気を取り直して夜景。奥の立て続けに明るいモニュメントっぽくなってるところが何なのか気になる
山の中のちょっとした明かりはなんなんだろう
山の中のちょっとした明かりはなんなんだろう
はぁー。(ため息が出てしまう)
はぁー。(ため息が出てしまう)
隙ありー!!(隙あらば手すり)
隙ありー!!(隙あらば手すり)
これたぶん一番のベストショットです。
これたぶん一番のベストショットです。
こっからちょっとISO感度上げて無理やり明るくしたので、ノイズが載ります。
こっからちょっとISO感度上げて無理やり明るくしたので、ノイズが載ります。
おかげで手すりのきれいさが伝わりません
おかげで手すりのきれいさが伝わりません
フラッシュ焚きました。手すりは皆さんが思ってる程キレイでは無いようです
フラッシュ焚きました。手すりは皆さんが思ってる程キレイでは無いようです
やっぱこの落書き不要やな
やっぱこの落書き不要やな
さっきからこういう感じのところで撮ってたんです
さっきからこういう感じのところで撮ってたんです
最後にありのままの夜景
最後にありのままの夜景

以前「曇りの日」に取ったヤツ

僕は無性に曇りが好きです。
そして、散歩中にたまたまこの展望台を見つけて登った時、その日は偶然そこそこ曇ってました。

しかし、その時は一眼レフを持ってきてなかったので仕方なくiphoneで撮ったのですが、シチュエーション的にはその時の方が凄く良かったので、載せときます。

雲があるだけでだいぶ違う
雲があるだけでだいぶ違う
この時に一眼があれば
この時に一眼があれば
iphoneで撮ろうとした夜景。ISO感度上げまくったみたいな感じですかね
iphoneで撮った夜景。ISO感度上げまくったみたいな感じですかね

こういう「自分にとって最高の瞬間」って、むしろ全く準備してない瞬間に訪れますね。
でもそれはたぶんハードルが下がってるからでしょう。

「なんも期待せずに偶然訪れた場所」が自分にとって居心地の良い場所だったら、それが一番ストレスを忘れる瞬間です。

【一眼レフ・夜景】福岡市内のとあるマイナー展望台に行ってきた まとめ

こんなおいしいポイントが、ウチから歩いて行けるところにあるなんて最高。(30分は歩きますが)
ただ、だいぶ坂登らないといけないし、周辺にトイレ無いし自販機も無いしで、女の子と一緒に来るようなところでは無いですね。

さて、この展望台に2時間近く滞在したんですが、夫婦っぽい人とか、友達同士の人たちが登ってきました。
もちろん「きれー」「すげー」とか感動してらしたんですが、ほとんどの方々が5分もしないうちに帰っていきました。

 

まぁだからどうってことでは無いのですが、僕はこのスペースでキャンプして、2,3日泊まり込みたいくらい素晴らしい空間だと思います。

でももしこれが、「友達と来た」とか「彼女と来た」ってことなら、一通り見渡して、すぐ帰っちゃのかなぁと思うとなんか変な気分です。
やはり、「一人で来るか」「誰かと来るか」で、その体験を通しての感じ方は大きく変わるんでしょうね。

というよりもそもそもの「目的」が違うのか。

もしこういう「素晴らしい景色が見れる場所」に誰かと来た場合、目的は「素晴らしい体験を隣の人と共有すること」になるので、メインテーマは「隣の人を楽しませる」もしくは「その人と一緒にいる時間を作る(という手段として展望台に来た)」ということになります。

それはそれで確かに素敵ですね。

でも僕のような元気なアホは「展望台からの景色を観たくてここに来た」ということになり、メインテーマは「展望台から景色を見ること」となります。

もちろんそんな複雑なことを考えながら眺めたわけではありませんが、展望台という狭いスペースでは、欲を言えばもちろん自分達以外誰も居ない方がいいわけです。
そんな意識の中他の人が登ってきたら”この人も数十分は居るんだろうな”と覚悟します。
でも一瞬で帰っていくので、やっぱり一般的な人々は「一通り見ればOK」という概念なのでしょうか。

もしくは僕が居たことで「何コイツ怖いヤバイすぐ帰ろう殺される前に帰ろう」と思ってすぐ帰ったのかもしれませんね。
こういう時に男に生まれたことを少し悔みます。(あまり悔んでない)

もうちょい余談を続けますが、今回一通り撮影したので、次回から展望台に登る時はもうカメラを持っていくことは無いでしょう。
ぶっちゃけ今回もカメラがちょっと邪魔でした。

 

最高の景色というのは、その時は興奮して「後で観れるように写真に残そう」と思っても、その空間で感じられる匂いや空気、音、雰囲気はその瞬間以外二度と感じられません。

もはやそれは「景色」では無いのですが、僕は「景色を見る」ということを「体験」として捉えています。

一眼レフでその瞬間をできるだけキレイに残せば、家に帰った後もその写真を観てリアルにあの時の感覚を思い出せます。
僕にとって写真とはそういう「思い出すトリガー」みたいなツールです。

他の人の写真もそうです。
僕は都会の写真が好きですが、誰かが撮った都会や風景の写真も、眺めながら”そこにいる想像”をして疑似体験します。
それが好きです。

しかしながらやはり「自分が現場で体験したこと」には敵わないので、実際に僕の手で撮影したこの展望台の写真は僕にとって、疑似体験を引き出すための強力なトリガーになるのです。

そしてこの「一眼が邪魔だった」という話ですが、最高の瞬間を体験できるのは”今”しかないのに、その”今”をできるだけ完璧な状態で残すために「カメラを使い撮影しなければいけない」というミッションが生まれてしまいます。

だからなんらかのガジェットを持っていくと、そのガジェットに邪魔されて、100%最高の状態で”今”を楽しめなくなるのです。
もちろん、こういう完璧主義的な思考は崩していかないといけないと思うのですが、ほぼたくさんの日本人が「過去」や「未来」について考えている中、今を重視する生き方は我ながら貴重なため、あまり失わないようにしていきたいですね。

(確か「シークレット(本)」かなんかに影響を受けてこういう考えになったと思います)

長くなりましたが、展望台は最高です。
須崎ふ頭とどっちが良いだろうか。

 

そして実は動画(外部リンク)も撮ってます。



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【Fallout76レビュー】確かに面白いが、過去作に比べワクワクは減っていた

Fallout76の製品版を数時間プレイしたので、とりあえず現時点での感想を書く。端的に言うと、「Fallout4に比べワクワク度は...

だいたいの人におすすめの記事

2 件のコメント

  • 福岡市西区にある愛宕神社に一度行ってみて下さい。愛宕山の山頂にあり、とても綺麗ですよ。私は犬の散歩でここに立ち寄り、博多湾と福岡タワー、ヤフオクドームを神社の境内から眺めるのが大好きです。

    • 立て続けにコメント頂きありがとうございます!
      凄く嬉しいです!

      今調べてみましたが、見晴らしが良くとても良いところですね
      一度慣れない一眼レフを持って遊びに行ってみようかと思います!
      素晴らしい情報ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    この記事をこねた人

    名前:ぱっかん
    「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
    幸せ。

    「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
    →ぱっかんについて

    目指せ1日30,000pv
    【職業】web諸々
    【趣味】考えをまとめる
    【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
    【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
    【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
    【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

    音源公開してます。
    youtubeチャンネル