新着エントリー

ブログ運営主について

福岡散歩ブログ

サイト名を「放置区域」に変更しました

読書嫌いの僕が実践してる「本を読み続けるテクニック」5つ

本日のおすすめ記事

【Netflix】「ラブ、デス+ロボット」は暇つぶしに最適

Netflix独占CGアニメ作品「ラブ、デス+ロボット」の紹介記事です。 とりあえず2話まで観た直後に執筆してます。最初に伝えてお...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

僕は読書があまり好きではありません。

「7つの習慣」とか「ザ・シークレット」とか、大きな影響を受けた本を読んだ経験があるにも関わらず、僕は読書が嫌いです。

でもやっぱり必要な情報を仕入れる為に読書は欠かせません。

そんなわけで、読書嫌いな僕が「本を読む為に実践してるテクニック」を紹介します。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

読書テク①本は本屋で買う

何年も積んだままの本がある方は、もしかしたら気になった本を通販で衝動買いしてませんか。

Amazonの方が品揃えも良いし安い場合が多いので、本やCD等はAmazonで買う人も多いと思います。
僕もAmazonの利用頻度は高いですが、「本」に至っては割と本屋で買う方が多いです。

やっぱり本屋に実際に足を運んで買った方が「思い出」として残りやすく、特別な感じがします。

 

その本に特別な気持ちを抱ければ、それだけ愛着も湧き読書も捗ります。

読書テク②本を買う時は1冊しか買わない

昔は割と2~3冊の本を同時に買ってました。
それは、本を読む人のイメージがそうだった為です。

しかし改めて考えると、僕は基本的に本を読みません。
にも拘わらず複数冊の本を同時に買うと面倒くささが発生し、モチベーションダウンに繋がることに気付きました。

なので僕は基本的に、本はまとめ買いしないようにしています。

読書テク③Amazonで高評価であることを確認する

マイナーな本は読書好きな方に任せて、読書が苦手な僕らは有名な本だけを読むようにしましょう。

僕たちは読書が苦手なので本を読むのに時間がかかります。
わざわざ苦手な分野で冒険をする必要はありません。

ありがたい事に世の中には「レビュー」というものがあるので、本の世界に疎い方は一般レビューを見て購入を決めることができます。

もしレビューを見ずに購入し、読んでる途中に「これなんか面白くないな」とか「分かり辛い」と感じてレビューチェックしたとします。

恐らく、本人が「つまらない」と感じてる場合は大抵一般レビューも低いので、「やっぱりみんなそうなんだ」という事実を確認する事になり、その結果更なるモチベーションダウンに繋がります。

 

購入前から評価を気にしていると、そもそも低評価作品なら読まないし、高評価作品であれば「安心感」がモチベーションに繋がります。

もちろんAmazonに限らず「自分が尊敬するブロガーが勧めていた」とかそういう理由でも良いでしょう。

なんにせよ、「この本、なんか良さそう」的な感じで衝動買いはすべきではありません。

読書テク④「今の自分には難しかった」と思ったら、とりあえずキープしておく

超有名ブロガー「イケハヤ」さんの教えです。

本の価値は「相対的」なものであるため、有益かどうかは読み手によって変わります。

だから例えば新しい本を買って読んでみて、「書いてある事が良く分からない」と思っても、それは飽くまで“今の自分”にとって分からないだけで、しばらくして成長した自分が読めば、内容が分かるかもしれません。

 

だから「難しい」と感じたら、無理に読まずに一旦キープしておきましょう。

読書テク⑤逆に「知ってる内容」ばかりの本なら読むのを辞める

先ほども書きましたが、本の価値は相対的なものです。

仮にAmazonで高評価だったとしても、その本以上の知識を既に知っている場合、あなたにとってその本は無価値となります。
であれば無理に読む必要はありません。

「せっかく買ったんだから全部読まなきゃ勿体ない」と思えそうですが、むしろ無理して読んでる時間の方が無駄です。

読書嫌いの僕が実践してる「本を読み続けられるテクニック」:まとめ

僕が本を買う時、読む時に実践してる些細なテクニックでした。

ちなみに僕が最近読んだ本は、キングコング西野さんの「革命のファンファーレ」です。

凄く読みやすくて、「これからの時代、好きなことをしていかないと生きていけない」というメッセージが込められた素晴らしい本でした。
お勧めです。




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【Netflix】「ラブ、デス+ロボット」は暇つぶしに最適

Netflix独占CGアニメ作品「ラブ、デス+ロボット」の紹介記事です。 とりあえず2話まで観た直後に執筆してます。最初に伝えてお...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
日常のクッソどうでもいいことが、鬼のように幸せに感じられる性格をしています。

なので思い切って「人生は映画だ」というテーマでブログを始めました(厳密には途中でそういうテーマに切り替えました)。
些細な毎日がどれだけ素晴らしいかを、いわゆる「引き寄せ系アラフォーブロガー」等とは違う路線で伝えられたらと思ってます。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考