ブログ運営主について

ぱっかんのツイート

【リーガルV(ブイ)】感想と設定・ストーリー解説。

本日のおすすめ記事

【COD:BO4】僕が「ブラックアウト」にドハマりしてる7つの理由

10月12日に発売された「Call of Duty Black ops4(ブラックオプス4)」ですが、これがまた良い感じに面白いです。 ...

だいたいの人におすすめの記事
この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

2018年10月11日(木)21:00スタートの法律ドラマ「リーガルV」の感想まとめです。

法律ドラマは何かと人気ですよね。
というわけで感想記事を書いていきます!

※当記事は
「リーガルV ドラマ」
「リーガルV 感想」
「リーガルV ネタバレ」
「リーガルブイ ドラマ」
「リーガルブイ 感想」
「リーガルブイ ネタバレ」
などのワードで検索される方におすすめです。

各エピソードごとの感想はこちら↓

予告編(トレイラー)

作品情報

放映開始2018年10月11日(木)21:00
エピソード数全〇話予定(分かり次第追記)
放送局テレビ朝日
脚本橋本裕志
ジャンル 法廷ドラマ、ヒューマンドラマ、コメディ
主要キャスト 米倉涼子、向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々、内藤理沙、宮本茉由、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、小日向文世、高橋英樹

あらすじ・みどころ

「だって私、弁護士資格無いんだもん」
資格を持たない伝説の弁護士「小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)(役:米倉涼子)」が奮闘する法廷ドラマ。
弁護士資格を持たない事を逆手に取り、裁判の証人として証言したり、裏で糸を引くなどの姑息な方法で逆転勝利を目指す。

〇みどころ

・京極法律事務所(きょうごくほうりつじむしょ)の個性豊かなメンツが面白い!

・準主役の「青島圭太(林遣都)」のキャラも良い

・ツンと澄ました「伊藤理恵(安達祐実)」が凄く可愛い

キャラクター紹介:京極法律事務所スタッフ

小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)(役:米倉涼子)

小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)(役:米倉涼子)
小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)(役:米倉涼子)

なんらかの原因により弁護士資格をはく奪された元弁護士。
講師をしていた「京極雅彦(きょうごくまさひこ)」を誘い込み更に事務所の開設費用(500万円)も出資させる。

京極法律事務所の立ち上げ人ではあるが、本人は飽くまで「管理人」という立場でありそれを利用し事務所で寝泊まりしている。

弁護士資格が無いので法廷には立てないが、ある手続きを行えば留置所に拘留されている容疑者等との面会は可能なため、容疑者本人や、新人弁護士である「青島」に入れ知恵を施し勝利を目指す。

 

天真爛漫な性格でかなりの鉄道オタク。

ある痴漢冤罪事件も「鉄オタ的知識」により痴漢の実行が不可であることを証明した。

「小鳥遊」と書いて「たかなし」と読む

青島圭太(あおしま・けいた)(役:林遣都 はやし けんと

青島圭太(あおしま・けいた)(役:林遣都 はやし けんと)
青島圭太(あおしま・けいた)(役:林遣都 はやし けんと

アガリ症の新人弁護士。

前職にて依頼人の女性を自殺させてしまい落ち込んでいたところを「小鳥遊」に勧誘される。

 

青島は以前、小鳥遊がまだ大手法律事務所に所属していた頃、たまたまその会社で面接を受けた事があり小鳥遊とはそこで面識があった。

改めて小鳥遊から「ウチ来ない?」と言われた際に、青島はその大手法律事務所からの勧誘だと思い速攻で仕事を辞め誘いに乗ったが、勧誘先が「京極法律事務所」といううさんくさい所だった為一旦は落胆する。

しかし小鳥遊の「弱者を救う」という思想には賛同しているようだ。

リーガルハイで言うところの「黛まちこ」

京極雅彦(きょうごく・まさひこ)(役:高橋英樹)

京極雅彦(きょうごく・まさひこ)(役:高橋英樹)
京極雅彦(きょうごく・まさひこ)(役:高橋英樹)

「京極法律事務所」という小鳥遊が勝手に立ち上げた事務所のの代表弁護士。

 

法学部を卒業後すぐに法学者として大学教授になった為、実は実戦経験が無い。

そんなペーパー弁護士の京極は「容姿が良い。講義に感動した。」と小鳥遊にベタ褒めされて気を良くし、小鳥遊のヘッドハンティングに乗ってしまい、更に事務所開設費用の500万円も出資。

かなりの楽天家。

大鷹高志(おおたか・たかし)(役:勝村政信)

大鷹高志(おおたか・たかし)(役:勝村政信)
大鷹高志(おおたか・たかし)(役:勝村政信)

性格が歪んでいる元エリート検事の現弁護士。
本作のツッコミ担当。

1話時点ではまだ京極事務所のスタッフでは無いが、大学時代の恩師である「京極雅彦(きょうごく・まさひこ)」を見守るという理由で事務所に入り浸っている。

検事時代、当時弁護士資格を持っていた小鳥遊からコテンパンにされた過去を持つ。
検察関係者にもいくらかのコネがある模様。

伊藤理恵(いとう・りえ)(役:安達祐実)

伊藤理恵(いとう・りえ)(役:安達祐実)
伊藤理恵(いとう・りえ)(役:安達祐実)

パラリーガルとして雇われている。

大手銀行に13年勤めあげたかなりのキャリアウーマンで、惚れた男の為に1億円を着服し3年間服役していた。
出所したタイミングで京極法律事務所に応募。

 

見た目はツンと澄ましているが、意外と情に弱い。

パラリーガルとは?
パラリーガルは弁護士資格を持たず、弁護士の監督下で限定的な手続き、法律業務を補助する者

馬場雄一(ばば・ゆういち)(役:荒川良々)

馬場雄一(ばば・ゆういち)(役:荒川良々)
馬場雄一(ばば・ゆういち)(役:荒川良々)

「伊藤理恵」と共にパラリーガルの面接を受け、二人同時にその場で採用報告を受ける。
元々警備会社に17年勤めていたがストーカー容疑により逮捕され服役。
ストーカーの頃に覚えたのか尾行が得意。

本人は「冤罪だ!」と訴えてはいるが、「あれは確かに愛しあっていたんだ・・・」と言うセリフから、ガチのマジでストーカーだったと思われる。

任された調査は徹底的に行う根気を持っている。

キャラクター紹介:Felix&Temma法律事務所スタッフ

天馬壮一郎(てんま・そういちろう)(役:小日向文世)

本作の敵対事務所である「Felix&Temma法律事務所」の代表。
ヤクザのように怖い雰囲気を醸し出している。

日本弁護士界でも相当有名らしく、そして小鳥遊(たかなし)の元上司。

海崎勇人(かいざき・はやと)(役:向井理)

「Felix&Temma法律事務所」のエース。
第一話に登場した「君島化学」では、痴漢冤罪で訴えられた「安田勉(児嶋一哉)」の件でアドバイザー的な役割を果たしていた。

キャラクター紹介:その他

神保有希(じんぼ・ゆき)(役:内藤理沙)

小鳥遊が通う謎の「鉄道バー」の店員。
店内にはおもちゃの鉄道レールが入り乱れており、駅弁を提供している模様。

各エピソードごとの感想・解説



Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

本日のおすすめ記事

【COD:BO4】僕が「ブラックアウト」にドハマりしてる7つの理由

10月12日に発売された「Call of Duty Black ops4(ブラックオプス4)」ですが、これがまた良い感じに面白いです。 ...

だいたいの人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事をこねた人

名前:ぱっかん
「臆病なのに幸福度で言えばたぶん福岡でTOP3に入る」と自負してます。また、病みやすいのを良いことにあんまり頑張らずに生きてます。
幸せ。

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→ぱっかんについて

目指せ1日30,000pv
【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【好きなダメージの与え方】お前の姉ちゃんの四股名なんだっけ?
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

音源公開してます。
youtubeチャンネル